ライントレード

【MT4】フラクタルを利用したトレンドラインの引き方

更新日:

トレンドラインはトレードを行う上で重要なテクニカルですね。

しかし、トレンドラインはどれが正しくてどれが間違っているかわからないのも事実。

だからこそ、こういったツール人気があるわけですね

さて今日はMT4にデフォルトで搭載されてるフラクタルを使いターゲットのトレンドラインを引く方法について書いてみます。

 

さて、本題に行く前に過去に書いたフラクタルの記事を

Fractals(フラクタル)の活用方法
Fractals(フラクタル)をトレードに活かす
フラクタルを使ったブレイクアウトスキャル

そして、今回の記事は

トレンドラインでターゲットを決める方法

の続きとなります。

フラクタルはこんな感じで表示されます。

※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

で、フラクタルを使ったトレンドラインはこんな感じで引けます

スポンサーリンク

※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

フラクタルとフラクタルを結んだラインですね。

今回ご紹介するのはこれ

※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

一般的に、トレンド方向へのトレンドラインは引いていても、その反対方向のトレンドラインは引いていないことがあります。

このチャートにありますように、トレンドとは反対方向のトレンドラインを引くとターゲットにできることがあります。

この際に、フラクタルを使って、フラクタルとフラクタルを結んでみると、それが結果的にターゲットになることが多々あります。
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

上記チャートのように、AとBを結ぶと、その下にある○の箇所にあるように、ターゲットにすることが可能です。

こういったトレンドラインの引き方は、基本ではありますが、意外と書籍にも書かれておらず、トレンド方向のトレンドラインにばかり注目が集まります。

先ほどのチャートを見てもらったらわかるように、トレンドとは反対方向のトレンドラインも機能します。

そして反対方向のトレンドラインをターゲットにもできということになります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。 かずえモンFXメルマガ

-ライントレード

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.