期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

フラクタルを使ったブレイクアウトスキャル手法

ここ最近、フラクタルのことを中心にテクニカルについて書いています。

フラクタルの記事が割と評判が良いです(^-^)ありがたいです

で、今回はフラクタルを使ったスキャルのなかでも、最もポピュラーなブレイクアウトについて書いてみます。

フラクタルを使ったブレイクアウト

フラクタルを使ったブレイクアウトですが、基本的には通常のブレイクアウトと同じです。

違うのは、フラクタルでブレイクアウトを狙う箇所を探すという点のみ。

ブレイクアウトっていうのは人によって見るところが違ったりします。

高値安値においても、どこの高値を見ているのか?が人それぞれだということです。

それをフラクタルでハッキリさせておこうという感じです。

例えばコチラ

※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

本日のドル円の5分足です。

Aと記入してる箇所をブレイクアウトの起点としました。

で、ブレイクアウトでスキャルする場合、私なりに気を付けているのが、終値がブレイクしたかどうか?です。

スポンサーリンク

※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

本来であれば、ブレイクアウトとなるであろう箇所を抜けて、その付近に再度近づいてきたときにエントリーするのがセオリーなわけです。

こんな感じで

でも、1~5pips程度を狙うスキャルの場合、それを待たなくても良いケースが多々あるというのが私の持論です。

まあ、ケースバイケースにはなってしまうのですが、基本的には終値が抜けたかどうか?でエントリーを検討します。

今回は、この箇所でエントリーをしました。

※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

ご覧のように、エントリー後に上ヒゲがでてますよね。

ここをどう考えるか? は個人の損切の設定によって違うと思うのですが、今回に関しては私は耐えました。

で、結果的には7pipsのプラス。

こんな感じで、ブレイクアウトの起点を探すにはフラクタルは使いやすいと思うのです。

フラクタルを使ったブレイクアウト、今回は水平線を引いて、ブレイクアウトの起点を見つけましたが、当然、トレンドラインとなることもあります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ