ライントレード

ライントレード手法はシンプル

今、ライントレードが流行ってますね。

ライントレードというと、なんだか新しいテクニカルのように思えますが、実際は昔からあるトレンドラインなどを使ったトレードのことを指します。

ライントレードの優位性再認識されているということですね。

今日はそのライントレードのシンプルな手法を書いておきます。

その前に・・・管理人からのお願いです。

不正なしでブログランキングに参加してます!

応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング          ?
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!

ライントレードのメリットはシンプルだという事。

デメリットはエントリーの判断がしにくいという点。

この二つをカバーするには、

トレンドライン+オシレーター

これがシンプルだと思います。

例えば、トレンドライン+ストキャスティクス

こちらです
トレンドライン+ストキャス2
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

(上記チャートにはシグナルが表示されてますが、ストキャスとは関係ない私のオリジナルインジケーターなので無視してください)

やり方は簡単で、トレンドラインを引き、その方向にオシレーターがシグナルを出したときにエントリーという方法です。

例えば、右肩上がりのトレンドラインが引けたら、ストキャスで20以下からのゴールデンクロスが発生した時点でロングのエントリー。

スポンサーリンク

ショートであれば、右かが下がりのトレンドラインが引けたら、ストキャスで80以上からのデッドクロスでエントリーという感じです。

先ほどのチャートでいうと、こんな感じ。
トレンドライン+ストキャス1
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

こんな感じでシンプルに手法を確立するコトができます。

そして、冒頭で書いたライントレードのメリットデメリットをカバーしてると思います。

このような感じで、ラインとオシレーターという組み合わせでシンプルな手法を確立することが可能です。

私が考案した20EMAと10EMAの手法においては、20EMAと10EMAの位置関係からエントリーする方法を決め、ブレイクアウトをすると思われるラインを引いて、そこをブレイクしたらエントリーするという手法ということで、ある意味ではライントレードなのかもしれません。

参考⇒20EMAと12EMAとブレイクアウトのトレード手法

こうやって見てみると、ゴールデンスパイダーFXはライントレードを活用した良い手法だと思うわけです。

詳細⇒ゴールデンスパイダーFX

ライントレードの優位性が今再認識されています。

ライントレードに固執することなく、現在の手法にラインをあてはめたり、取り入れたりするのも一つの方法。

とにもかくにも、トレンドラインというのは基礎中の基礎。

これをマスターしちゃえば、色々な手法が確立できると思われます。

土日でライントレードを再勉強なさってみてはいかがでしょうか?

ライントレードを勉強するなら→ゴールデンスパイダーFX

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

この続きはcodocで購読
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この続きはcodocで購読
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-ライントレード

© 2020 かずえモンFXブログ