FXスキャル手法

スキャル手法【利食い・その1】

更新日:

今日は動かないですねぇ~。

ある意味、月曜日らしいといえばらしいのですが。

こういうときは無理にエントリーしないほうが無難ですね。

とはいえ、トレードしてます(汗

今日の成績は、ドル円5pips のみ。

ユーロ円をトレードしたのですが、なんとなくやりにくいので同値撤退しました。

私の中では、同値撤退できるのはツイてる!と思い、ありがたく同値撤退します。

さて今日は、スキャル手法シリーズの利食いについて書いてみます。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ25位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


前回の記事がこちらです
スキャル手法【レンジへの対応】

エントリーについてはこちら
スキャル手法【エントリーその1】

で、今回は利食いについて。

利食いといっても、いくつか用意しているのですが
今回書いておくのは、一番シンプルでスキャルとしては理想の形。

チャート設定で、ドル円の場合は10EMAを中心としたレベル設定をしました。

で、利食いもこのレベル設定を利用します。

ドル円のエントリーゾーンのレベル設定は、上下に4pipsでした。

で、利食いのレベルは11pipsのレベルを利用します。

こんな感じです。

ドル円
MT4搭載⇒FXトレード・フィナンシャル

外側のバンドが、10EMAを中心とした11pipsのレベルです。

この外側のバンドにタッチしたら利食い

これが一番シンプルな利食いの方法です。

もちろんですが、このバンドに毎回タッチするというわけではないです。

なので、この方法で毎回利食いできるというわけではありませんが、
適度なボラがあれば、この方法で利食いしています。

なぜ11pipsなのかというと、

ドル円のスキャルは10pipsを一つの目安としていますが

一回のエントリーで5pips取れれば御の字

スポンサーリンク

という風にイメージしているからです。

もし仮に、エントリーゾーンでエントリーできたとします。

そのエントリーは、4pips以内のところ
つまり、エントリーゾーンでエントリーしているはず。

そのエントリーゾーンは4pips以内。

外側のバンドは、10EMAを中心として11pips離れた箇所にあります。

11-4=7

スプレッドが仮に1pipsだとしても、6pipsは取れる計算になります。

つまり、エントリーゾーンのなかでエントリーして
すぐに、ビュンって伸びたとして、
利食いのバンドにタッチしたときに利食いができれば
6pips程度は取れる計算に。

少なく見ても、5pipsはいけますよね^^

実際は、時間が関係するので、ローソク足が移動しますので
もう少し伸ばせる可能性もあります。

がしかし、スキャルはサクっと利食いをしたほうが結果的に良いので

そのために、11pips離れた箇所にバンドを設定し

そのバンドにタッチしたら利食いというルールにしております。

なら、ボリバン使えば良いじゃん?って思うかもしれませんが
そのあたりの私なりの見解があるので後日書きます。

まとめますと、

ドル円は10EMAから11pips離れた箇所にバンドを設定する

そのバンドにタッチしたら利食い

これが一番シンプルな利食いです。

先ほども書きましたが、

この方法で毎回利食いできるというわけではないので

そのほかの利食いもこれから書いていきますね^^

今回は一番シンプルな利食いの方法を書いてみました^^

ちなみに、レベル設定は通貨ペアごとに違うので
それも後日まとめて書いてみます^^

下記をクリックすると幸運が訪れる?
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
っていう噂はありませんが、
応援クリックおねがいいたします。

クリックしてくれる方が少なくなってるのでちょっと寂しい・・・

期間限定企画】

FXブロードネット
→ エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポートプレゼント
このことを知ってからトレードをしていれば、
もっと勝率を上げられたのになぁ・・・と思ったことを書いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXスキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.