期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

FXスキャル手法・PART3

メインの手法は20EMAと10EMAを使ったトレードですが
それに加えて、詳細を解説していく手法シリーズです^^

FXスキャル手法・PART1
FXスキャル手法・PART2

今回で3回目となりました。

前回はトレードする時間帯の説明。

今回は、その詳細を画像を使って書いてみようと思います。

相変わらず長い記事になりそうです・・・

まずは・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   若干下落
⇒ FX人気ブログランキング 大体こんな順位かな
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

まずは1時間足のATRを使って
どれくらいの値動きがあるのかを把握しておきます。

下記チャートは12時~19時あたりのドル円です。
ドル円

大体ですが、その時間帯のATRは12~16程度でした。

今回は解説なのでわかりやすく間を取ってATRが15だったと仮定します。

つまり、このことからわかるのは
1時間に平均15pips程度の値動きになるということになります。
あくまでも平均です。

で、エントリーしたい箇所は
1時間がスタートするところです。

つまり、55分の足が終わった時点でエントリーします。

正確にはその時のテクニカルの状況なども関係しますが
第一のエントリー箇所として、
55分が終わった時にエントリーを試みています。

つまり、1時間の始値でエントリーということですね。

下記のA~Gのローソク足の始値でエントリーを
するように心がけています。
ドル円2

なぜかというと、
1時間で動く値幅がある程度決まってる、
又は平均値があるのであれば、
その値動きをできるだけ取りたいから。

1時間で15pips動くのが平均値だった場合、
1時間の始値でエントリーすれば、
1時間以内に15pip以内は取れる可能性がある。

(もちろんエントリーの条件はあります)

なので、1時間の始値でエントリーを心がけて、
利食いはATRを参考にする。

スポンサーリンク

でね、必ずじゃないんですが、
1時間の値動きの平均値は多くの場合
調整されると思っています。

例えば、1時間のATRが15だとした場合、
0~30分の間に10pips動くと
31~59分は5pips程度の値動きになって
値動きが弱くなるように思えます。

逆に、上記と同様にATRが15pipsだとした場合、
0~30分の間(前半)に5pips程度の値動きだった場合
31~59分の間に10pips程度動く傾向がある。

こちらを見てください。
ドル円3

先ほどのチャートです。

縦の点線が1時間の始まりです。

黄色で囲ってるところが
1時間内の前半と後半の値動きを大体ですが
囲っています。

わかりやすいのがEのポイント。

前半は値動きが極端に小さいですが、
後半大きく動いてます。

他の黄色で囲ったところも
前半と後半で値動きの差がありますよね。

これをどうやってエントリーに結びつけるのか?

それについての説明はまた長くなるので次回にします。

今回は私が意識してる1時間の始値とATRの関係、
そして平均値が機能してるという点を書いてみました。

ちなみに、なんでこんなルールを作ってるかというと、
私の個人的な考えとして

・スキャルは1時間以上ポジションを維持したくない
・スキャルは30分以内に利食いをしたい
・1時間の値動きがある程度平均化するのであれば 
 その値動き内で利食いをしたい
・エントリーは1時間に1回としエントリーチャンスを増やしたい
・レンジでも取りたい

という考えがあるからです。

次回もかずえモンの自己満足な記事をお楽しみに(笑

続きはこちら⇒FXスキャル手法・PART4

そうそう。 私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。

レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^

詳しくはこちら

スポンサーリンク

2 Responses to “FXスキャル手法・PART3”

  1. dai より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    以前から拝見させて頂いていおります。

    かずえモン先生に記事にして頂きたい物がありましてお願いに伺いました。

    それは、フィボナッチの正しい使い方とトレンドラインの引き方。

    とくにフィボナッチは、どのくらい前までさかのぼって高値・安値などを見たら良いのかわかりません。

    スキャルピング手法で1分足や他の足も見られるとのことですが、1分足を見ることの上手な使い方を教えて頂きたいと思います。

    私は、こちらを参考書代わりに使わせて頂いていますので、是非先生にお願いしたいと思います。

    お忙しいとは思いますが、ひとつよろしくお願いします。

  2. かずエモン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    daiさん

    コメントありがとうございます^^

    フィボナッチとトレンドラインですね。
    了解です。

    フィボナッチから行きますね。
    とりあえず使い方を書いて、それからどの程度さかのぼって
    ラインを引くのかを書いていきます^^

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ