FXスキャル手法

FXスキャル手法・PART3

更新日:

メインの手法は20EMAと10EMAを使ったトレードですが
それに加えて、詳細を解説していく手法シリーズです^^

FXスキャル手法・PART1
FXスキャル手法・PART2

今回で3回目となりました。

前回はトレードする時間帯の説明。

今回は、その詳細を画像を使って書いてみようと思います。

相変わらず長い記事になりそうです・・・

まずは・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   若干下落
⇒ FX人気ブログランキング 大体こんな順位かな
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

まずは1時間足のATRを使って
どれくらいの値動きがあるのかを把握しておきます。

下記チャートは12時~19時あたりのドル円です。
ドル円

大体ですが、その時間帯のATRは12~16程度でした。

今回は解説なのでわかりやすく間を取ってATRが15だったと仮定します。

つまり、このことからわかるのは
1時間に平均15pips程度の値動きになるということになります。
あくまでも平均です。

で、エントリーしたい箇所は
1時間がスタートするところです。

つまり、55分の足が終わった時点でエントリーします。

正確にはその時のテクニカルの状況なども関係しますが
第一のエントリー箇所として、
55分が終わった時にエントリーを試みています。

つまり、1時間の始値でエントリーということですね。

下記のA~Gのローソク足の始値でエントリーを
するように心がけています。
ドル円2

なぜかというと、
1時間で動く値幅がある程度決まってる、
又は平均値があるのであれば、
その値動きをできるだけ取りたいから。

1時間で15pips動くのが平均値だった場合、
1時間の始値でエントリーすれば、
1時間以内に15pip以内は取れる可能性がある。

(もちろんエントリーの条件はあります)

なので、1時間の始値でエントリーを心がけて、
利食いはATRを参考にする。

スポンサーリンク

でね、必ずじゃないんですが、
1時間の値動きの平均値は多くの場合
調整されると思っています。

例えば、1時間のATRが15だとした場合、
0~30分の間に10pips動くと
31~59分は5pips程度の値動きになって
値動きが弱くなるように思えます。

逆に、上記と同様にATRが15pipsだとした場合、
0~30分の間(前半)に5pips程度の値動きだった場合
31~59分の間に10pips程度動く傾向がある。

こちらを見てください。
ドル円3

先ほどのチャートです。

縦の点線が1時間の始まりです。

黄色で囲ってるところが
1時間内の前半と後半の値動きを大体ですが
囲っています。

わかりやすいのがEのポイント。

前半は値動きが極端に小さいですが、
後半大きく動いてます。

他の黄色で囲ったところも
前半と後半で値動きの差がありますよね。

これをどうやってエントリーに結びつけるのか?

それについての説明はまた長くなるので次回にします。

今回は私が意識してる1時間の始値とATRの関係、
そして平均値が機能してるという点を書いてみました。

ちなみに、なんでこんなルールを作ってるかというと、
私の個人的な考えとして

・スキャルは1時間以上ポジションを維持したくない
・スキャルは30分以内に利食いをしたい
・1時間の値動きがある程度平均化するのであれば 
 その値動き内で利食いをしたい
・エントリーは1時間に1回としエントリーチャンスを増やしたい
・レンジでも取りたい

という考えがあるからです。

次回もかずえモンの自己満足な記事をお楽しみに(笑

続きはこちら⇒FXスキャル手法・PART4

そうそう。 私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。

レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^

詳しくはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXスキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.