期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

FXスキャル手法・PART4.5(補足)

先日書いた私の行ってるトレード手法について
修正と追記があります。

前回のスキャル手法シリーズはこちら
FXスキャル手法・PART4

過去のシリーズ
・FXスキャル手法・ PART1
・FXスキャル手法・ PART2
・FXスキャル手法・ PART3

で、前回の記事の修正と追記です


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
⇒ FX スキャルピング派ランキング ←スキャル派1位を目指してます!
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

前回の
FXスキャル手法・PART4
では簡単に言うと
エンベロープの中でエントリーをするということでした。

で、このエンベロープのパラメーターに誤りがありました。

エンベロープ1%と書いていましたが0.1%の誤りです。

前回の記事は修正済みですので
もしよかったら前回の記事を読んでみてください。

で、ここからが追記です。

私がメインで見てる通貨ペアは
ユーロドル・ドル円がメインでしてユーロ円・ポンド円をサブでみてます。

ロンドンタイムが始まるときは、ポンドドルも見ています。

主にトレードするのはユーロドルとドル円です。

でですね、通貨ペアごとに若干エンベロープの
パラメーターを変えてます。

スポンサーリンク

ユーロドルとドル円は0.1%以内でエントリー

ユーロ円とポンド円は0.2%以内でエントリー

という風にしております。

基本的には上記でいけますが
ボラが非常に高いときは0.1%づつ上げてます。

ドル円なら0.2%以内でエントリーとか、そういう感じでプラス。

で、通貨ペアごとに変えてるのは
通貨ペアごとにボラが違うのでパラメーターが変わってきます。

例えば、現在のボラが高い状態のユーロ円だと
0.1%だとあまりにも狭すぎるんですね。

なので、0.2%にしていますが
ドル円は0.1%でもある程度の幅があるので問題ないです。

このルールなんですが守るのは結構大変かもしれません。

ていうのも、
エンベロープ内で状況を判断しないといけないからです。

逆に言えば、
だからこそ初動を捕らえることができると私自身は思っています。

ケルトナーチャネルだと
パラメーターの設定は必要ないので、
通貨ペアごとのパラ設定を考えないほうがよければ
ケルトナーチャネルのほうがいいかもしれません。

ケルトナーチャネルがデフォルトで搭載されてて
スプレッドが狭いのはアイネット証券くらいですね。

→→ アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)

ということで、
FXスキャル手法・PART4
の修正と追記でした^^

よし!チャートにエンベロープを表示してみようと思った方は
クリックしてください^^
FX スキャルピング派ランキング

尚、現在、私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。

レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^

私自身が
FXを始めた当時に知っておきたかった情報です。

詳しくはこちら(エンベも搭載)

FXブロードネット


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


カテゴリー

このページの先頭へ