期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

スキャル手法【損切りの判断とドテン】

FXをしていると色々と情報が入ってきます。

先輩や後輩、トレード仲間などなど。

まぁそれらを私で止めておくのももったいないから
当ブログを読んでくださってる方と共有したいな~と考えてます。

でも、ブログだと細かい情報提供ができないのが心苦しい。。。

中には、リアルタイムまでいかなくても
相場の状況に応じた情報ってのもあるのでブログだと遅いかな~なんて
考えたりしていて。。。

どうやって情報を共有するか考えています^^;

さて今日はスキャル手法シリーズの損切りの判断とドテンを
20EMAのhighラインとLOWラインを利用して行う方法です。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ25位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


前回は利食いその1を書いてみました
スキャル手法【利食い・その1】

エントリーその1はこちら
スキャル手法【エントリーその1】

エントリーその1でも書いたように、
基本的にエントリーはエントリーゾーンで行います。

ドル円の場合だと、10EMAを中心として上下に4pips離れたバンドです。

エントリーその1は簡単に言えば、
10EMAと20EMAがクロスして方向性が出てから、
エントリーゾーンに入ってきたらエントリーという形です。

つまり、押しや戻りですね。

でも、相場が勢いづいたときの戻りや押しは反発も強い場合があります。

その時に、エントリーゾーンに入っただけでエントリーするのは
ちょっと押しや戻りとしては浅いケースもあり、
エントリーとは反対方向に動くこともあります。

ここで安易に損切りしたりすると損切り貧乏になりえるので
エントリーゾーン以外の目安が必要になります。

その時の対処として、20EMAのhigh・LOWのMAを利用します。

こちらをご覧ください
エントリーその2
MT4搭載⇒FXトレード・フィナンシャル

上の箇所に、10EMAと20EMAがゴールデンクロスした矢印がでてます。

なので、エントリーゾーンに入ってきたときにエントリーをします。

しかし、上昇せずに少し下落しました。

が、20EMAのLOWラインでサポートされましたので、
ポジションを持ったまま少し様子見です。

その後、20EMAのHIGHラインを抜けていきましたが
再度、20EMAのLOWラインに近づいてきて、ローソク足の終値が抜けてしまいました。

この時点で損切りします。

スポンサーリンク

つまり、20EMAの反対側のライン
(ロングならlowライン・ショートならHIGHライン)
を損切りのマックスとしています。

10EMAと20EMAがクロスした後に、
上がりきれずor下がりきれずに反転した場合は、ドテンします。
(ドテンとは?⇒FX・ドテン注文とは?

例えば、10EMAと20EMAがゴールデンクロスしたとします。

しかしすぐに、反転し20EMAのlowラインをローソク足の終値ガ抜けました。

そしたら損切りしてドテンします。

下落の場合はこの反対です。

逆に、ポジションを維持したほうが良いケースもあります。

それが先ほどのチャートの右下の箇所です。

エントリーその2
MT4搭載⇒FXトレード・フィナンシャル

エントリーゾーンに入ってきたのエントリーしました。

が、思うように下落しませんでした。

少し様子見。

で、20EMAのlowラインを抜けました。

しかし、20EMAのHIGHラインには到達しなかったのでそのまま維持。

で、次の下落で利食いのバンドにタッチしたので利食い。

このようなケースもあります。

つまり、20EMAのHIGHラインとLOWラインを使って
損切り・ドテンなどを判断しているのです。

今日はケーススタディ的なことを先に書いてみました。

次回は、もう少し20EMAのHIGHラインとlowラインの活用方法について書いていきます^^

下記をクリックすると幸運が訪れる?
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
っていう噂はありませんが、
応援クリックおねがいいたします。

クリックしてくれる方が少なくなってるのでちょっと寂しい・・・

期間限定企画】

FXブロードネット
→ エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポートプレゼント
このことを知ってからトレードをしていれば、
もっと勝率を上げられたのになぁ・・・と思ったことを書いております。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ