FXテクニカルチャート

フィボナッチの使い方

更新日:

読者様からご質問をいただきました^^

あ、ちなみに当ブログはコメントやメールを下さる方の
マナーがすばらしいのですご~く嬉しいです^^

前向きなご質問を頂いたり、
気づいたことなどを書いてくださったりしています。

だからこそ、FXのSNSを立ち上げようと思ったんです^^

さて、今回はフィボナッチの使い方について
書いてみますね^^

まずは・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   若干下落
⇒ FX人気ブログランキング 大体こんな順位かな
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

フィボナッチはいくつかの種類があります

フィボナッチ・リトレースメント
フィボナッチ・ファン
フィボナッチ・チャネル
フィボナッチ・エクスパンション
フィボナッチ・タイムゾーン
フィボナッチ・グリット

などですね。

主に使われるのは

フィボナッチ・リトレースメント
フィボナッチ・エクスパンション

の二つでしょうか。

個人的には、フィボナッチファンが好きです。

で、今回は一般的なフィボナッチの
フィボナッチリトレースメントを使ってみます。

使い方ですが、
フィボナッチリトレースメントは一般的には

・直近の高値安値を結ぶ
・高値安値を結ぶ

となっています。

まあ、どちらにしても高値安値を利用します。

こんな感じです

フィボナッチ
チャート→ アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)

上記はドル円の日足です。

3月4日の安値と4月2日の高値を結んでみました。

直近の高値安値だとこんな感じですね。

で、1時間足だとこんな感じ
fibo2
チャート→ アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)

38.2%のところで一度跳ね返されて、
その後抜けてるので目指すは50.0%か61.8%あたりでしょうか。

こんな感じで、押し目や戻り目、ターゲットとして
フィボナッチリトレースメントは使えますね。

で、このフィボナッチリトレースメントなんですが
残念ながらどの引き方が正しいってのはないんですよね。

スポンサーリンク

おそらく個人によって引き方が違うと思います

ていうのも、直近の高値安値ってのを

どういったスパンで考えてるのか?
どの時間足で使うのか?

など、そういった個人の使い方が関わってくるので
これが正解ってのは多分ないと思います。

なので、基本的に高値と安値を結んで
フィボナッチリトレースメントを使えば問題ないと思うんですね。

でね、個人的にはフィボナッチリトレースメントは
5分足とか15分足とかの短い時間足じゃなくて
1時間足以上の時間足で使ったほうが良いかと思います

私は1時間足と4時間足と日足に
フィボナッチリトレースメントを引いてます。

分足だと、高値安値の判断がしにくいので
時間足で使ったほうがいいと思っているからです。

フィボナッチ・エクスパンションは分足でも使います。

最高値・最安値を結んで使うことを意識していれば
大きな間違いはないですね^^

ただし・・・フィボナッチに頼りすぎはよくないです。

あくまでも目安。

トレードストーリーを描く際に使うと良いですね。

例えば、上昇局面で、

38.2%を抜けてるから、
61.8%まで下落したら押し目を狙おう

38.2%から61.8%までの下落を狙って
スキャルで10pips程度取れるかな

とか、そんな感じで使うと良いと思います。

私自身はそうやって使ってます。

フィボナッチはピタッとはまるときは
ピタッとはまります。

是非使ってみてください。

フィボナッチが搭載されてるのは

アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)

FXブロードネット
ひまわりFX PRO
マネーパートナーズFX
クリック証券【FX】
アプローズFX

あたりでしょうか^^

アイネットFXはフィボナッチを複数用意していて
スプレッドも狭いのでオススメです。
→ アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)

リトレースメントだけでよいのなら
上記のどれでもOKです^^

メタトレーダー4VTトレーダーでも搭載されてますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXテクニカルチャート

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.