FXスキャル手法

FXスキャル手法・PART2

更新日:

このスキャル手法ですが、
シリーズ化させようとしてます(笑

というか、一つの記事で書ききれないだけなんですが。。。

さて、前回までのおさらいはこちら
FXスキャル手法・PART1

で、今回はエントリーする時間について書いてみたいと思います^^

まずは・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   ちょっと復活^^
⇒ FX人気ブログランキング 
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

PART1もそうですが、
このシリーズは基本的なことを書いていきたいので
理想とするトレード手法を書いていきます。

つまり、応用もあるってこと。

相場は生き物ですからね。

ですが、応用があるとはいえ基本的な考え方が
ないとわからないので、基本的な考え方や手法を
シリーズ化し書いていきますね。

今回のエントリーする時間帯ってのもその一環です。

で、エントリーする時間帯ですが

毎時間の0~10分と30~40分 

としています。

理由としては、1時間内に動く値動きを出来るだけ取りたいからです。

ある程度1時間内の値動きの値幅が決まってるなら
その値幅を目いっぱい取りたい。

もしくは、その値幅の一部分を取りたい。

って考えてるからです。

もちろんこれにも例外はあります。
明確な売買サインがでていたり、明らかなチャンスなら別。

ですが、一気に大きく動き時とかって一日に数回。

基本的には、平均的な値幅になるんですね。

スポンサーリンク

例えば、1時間足のATRの数値が30だったとしましょう。

0~40分までの間に25pips程度、動いてたとします。

残りの20分間の値動きは30-25=5

つまり、5pips程度の値動きになる可能性が高い。

その状態で10pips程度を狙うのはちょっと難しいですね。

それに、1時間足の足の形も決定するので
方向性が一気に変わる可能性もありますよね。

1時間足で陰線だったから50分あたりにショートで入ったけど
1時間足においての押し目までの下落で、
その足が確定したら、一気に上昇する

ってこともあります。

なので、

・1時間内の平均的な値動きの値幅を取りたい
・スキャルなので1時間以内で決済をしたい
・1時間という枠でトレードチャンスを探る

って目的があるので、
なるべくエントリーは0~10分までと30~40分の間としています。

30~40分の間ってのは
0~29分までの間に方向性が見出せなかった相場の場合、
30分から方向性が出始めるケースもあるので
30~40分までをエントリーする時間としています。

ちょっと文章だけだったのでわかりにくかったかな(汗

次回はなるべく画像を使って説明します。

そうすることによって
自分へトレードの規律を守ろうという思いが出たり
自分でも整理ができるので^^

ブログってありがたいな♪

FXスキャル手法・PART3

ちなみに、私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。

レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^

詳しくはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXスキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.