期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

FXスキャル手法・PART4

勝手にシリーズ化してるスキャル手法の記事も
これで4回目となりました。

FXスキャル手法・PART1
FXスキャル手法・PART2
FXスキャル手法・PART3

で、今回はより良い位置でエントリーし
損切りまでの値幅を小さくするためのエントリールール
その位置の解説をします。

私個人的には、今回書くことを一番重視してます。

ですが、シンプルなので是非参考にしていただければと
思っております^^

まずは・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング ←スキャル派1位を目指してます!
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

エントリーの前に、
まず考えておきたいのが損切りまでの値幅です。

損切りのルールは今後書きますが
エントリーする箇所が損切りまでの値幅と近いほうが有利

損切りを90.00円にしたい場合、
90.10円と90.20円でエントリーした場合では
90.10円でエントリーしたほうが
損切りまでの値幅が小さいですよね?

とにかく、損切りまでの値幅を小さくしたい

そのためにエントリーするルールとして

エンベロープの±0.1%のライン以内

もしくは

ケルトナーチャネル以内

と決めています。
(例外がありますのでそれは後日)

エンベロープは期間を20にします。
ケルトナーチャネルはそのまま表示。

尚、ケルトナーチャネルのほうが若干狭いです。

で、そうすることによって
損切りまでの値幅を小さくできるようにしています

損切りを小さくするには
単純に移動平均線の近くでエントリーすることが
ポイント
になるかと思ってます。

となると、
大きく乖離した位置でエントリーするより
小さく乖離した位置でエントリーしたほうが
より良いエントリーになるんですね。

なので、エンベロープorケルトナーチャネル
どちらかの中でエントリーするようにしています。

エンベロープとケルトナーチャネルはお好みでよいかと。

(エンベロープ±0.1%のラインのほうが
ケルトナーチャネルよりも若干乖離があります)

で、このシリーズをはじめるときに
バンド系のテクニカルの話をしたと思います。
参考⇒レンジブレイクアウト系テクニカル

ここに書いてあるように、
バンド系のテクニカルはバンドをブレイクした方向に
トレンドが発生するという性質も持ってる
んですね。

つ・ま・り

エンベロープ内orケルトナーチャネル内で
エントリーすることによって
損切りまでの値幅を小さくするとともに

そのバンドをブレイクしたら

トレンドの初動を捕まえることができ
利益を伸ばしていくことができる

スポンサーリンク

っていう、美味しいエントリーができるんです

で、勝率が高いのが

ロングの場合は、

20EMAの上・エンベロープ±0.1%内

ローソク足があって

遅行スパンがサインを出してる

このときにエントリーするのが一番勝率が高いです。
(ショートの場合は逆)

損切りまでの値幅を小さくできています。

こんな感じ
エントリー
チャート⇒FXブロードネット(エンベロープ搭載)

このような位置でエントリーできると
損切りまでの値幅が小さく、利益を伸ばせる可能性が高い。

今回書いておきたかったのは

・損切りまでの値幅を小さくする
・移動平均線との乖離が小さいところでエントリーする
・そのためにエンベロープ±0.1%or
 ケルトナーチャネル内でエントリーする

ってことです。

そうすることによって、
損小利大に繋げるトレードが出来ると思います。

利食いですが、これも後日書いてみます。

簡単にさわりだけ言うと、

基本は1時間足のATRの値を参考にする

又、早く利食いしたい場合は
エンベロープの±0.2%のバンドタッチ

です。

勝手にスキャル手法解説シリーズ、次回に続く! のか?

興味深いなと思ったら
ブログランキングクリックしてあげてください^^

FX スキャルピング派ランキング

尚、現在、私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。

レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^

私自身が
FXを始めた当時に知っておきたかった情報です。

詳しくはこちら

FXブロードネット

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ