「FXテクニカルチャート」の記事一覧

練行足の比較「時系列型練行足(RAI)と通常の練行足の違い」

4DFXで注目されつつある練行足。 練行足には2種類の練行足があります。 本来の練行足である”価格変動に連動した練行足”と、少しカスタマイズされた時系列型練行足と呼ばれる2つです。 他にも海外のFX関連のフォーラムでは、・・・

PIVOTをMT4で表示するより簡単で正確な表示方法

PIVOTについては過去に何度も触れてきましたし、1分足とPIVOTを利用した、ちょっと変わった手法も開発してきました。 参考※1分足PIVOTスキャルの記事一覧 で、今回はPIVOTの表示についてです。 その前に・・・・・・

パラボリックSARよりもチャンスが多くなるFLIPIT

パラボリックSARはホント使えます。 例えば、オシレーター系のテクニカルを使ったトレード手法であれば、フィルタリングになります。 オシレーター系のテクニカルを使わずに、プライスアクション等でトレードを行っていたとしてもパ・・・

移動平均線の遅行性とパラメーター設定の限界

移動平均線はテクニカル分析の第一歩だと思います。 あらゆるテクニカル、特にオシレーターは移動平均線がベースになっていたり移動平均線の概念を取り入れていると言っても過言ではありません。 又、GMMAチャートのように複数の移・・・

フィボナッチファンを損切の判断基準として使う方法

先日フィボナッチファンの効果的な使い方というか、私なりの使い方を書いてみました。 ※フィボナッチファン【かずえモン的】効果的な使い方 今回は損切の判断にフィボナッチファンを使う方法を書いてみたいと思います。 その前に・・・・・

ストキャスティクスはトレンドができてると押し目・戻りを拾いやすいかな

FXをしてる人なら誰もが通るテクニカルと言っても過言ではないストキャスティクス。 FXを始めると、 1・ストキャスティクスを使う2・勝ち始める3・ストキャスを魔法のテクニカルだと思う4・連敗する5・MACDも一緒に使って・・・

パラボリックはあらゆる順張りシグナルのフィルタリングに使える

色々なスキャル手法がありますし、私も色々な手法を試したり開発したりしています。 現在もひとつ開発中のトレード手法がありまして、それは順張りのトレード手法です。 その手法にはパラボリックが欠かせません。 というか、パラボリ・・・

MT4のEnvelopes (エンベロープ) を使って逆張りFXスキャル手法

今日は指標待ちということもあり、色々なテクニカルの研究やPLATINUM TURBO FXの検証、そして、TAMURA式・FX1分足トレード法 ワンミニFXを試してみたりしています。 そこで、ふと、MT4のEnvelop・・・

線形回帰トレンドはFXで機能しやすいトレンド型テクニカル

線形回帰トレンドをご存知ですか? 回帰トレンドとも言われるFXのテクニカルでしてなかなか機能しやすいテクニカルとなってます。 今回は 線形回帰トレンド について書いていきます。その前に・・・管理人からのお願いです。 不正・・・

パラボリックSARは設定次第で万能なテクニカルになる

パラボリックSARって、効果が期待できるけどあまり使ってる人がいないテクニカルの一つです。 今回は「パラボリックSARは設定次第で万能なテクニカルになる」という点について書いていきます。 その前に・・・管理人からのお願い・・・

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

ビットコインならJ-BITS

200x200
ビットコインならJBITSがオススメです。先駆者利益を出すには、今すぐ取り組むべき。私も取り組んでいます。

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ