期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

トルコリラ円&ランド円でスワップ生活を送る方法


スキャルの素晴らしさは言うまでもないでしょう。

スキャルは長くて数時間のポジションなので、ニュースなどによる相場の大変動によるマイナスリスクを被らない可能性が高くなります。

しかし・・・メリットがあるということはデメリットもあるということ。

デメリットの一つがスワップを得られえないという点です。

スワップ目的のトレード

長い時間ポジションを保持することで得られる最大のメリットとも言えるのが、スワップ金利ですね。

FXをしていても、スワップについてあまり知らない人が多いのが現状ですが、スワップはとても魅力的な仕組みで、FXが流行り始めたときはスワップ目的のトレードがかなり多かったのです。

その後スキャルやデイトレが台頭してからは、為替差益狙いのトレードが中心になり、スワップトレードはあまり目立たなくなりました。

しかし、スワップトレードはかなり魅力的で、いわゆる不労所得が得られる仕組みなのです。

スワップは半不労所得

スワップの仕組みを簡単に説明すると、持っているポジション量に対して得られるスワップポイントが決まっていて、ロールオーバー(朝6or7時)時に付与されます。

厳密には日にちの関係もあるのですが、基本的にはロールオーバーした時にスワップが付与されると考えておくと良いでしょう。

つまり、毎日ロールオーバーされていれば毎日スワップが付与されるので、毎日金利をもらっていることになります。

まさに不労所得です。

スワップは不動産収入と似てる?

スワップは外貨預金を自分で行っていると考えるとイメージしやすいかもしれません。それに、外貨預金を自分で行えるんだなって思うと、銀行の外貨預金の金利はめちゃくちゃ安いと感じるでしょう。

ただし、本格的なスワップトレードを行うと、外貨預金というよりかは家賃収入に近いかもしれません。

不動産投資と近い感覚ですね。

スワップの利益の推移はどんな感じ?

では、このスワップを使うと、どのような収益になるのか?

スワップポイントが高いのは以前も書いたように、トルコリラ円と南アフリカランド円の二つ。

この二つの通貨は為替の変動もさほど大きくないのでポジションのメンテナンスも少なくて済むのが嬉しい所。

具体的にはどのような収益になるのか?

トルコリラ円はこんな感じで

南アフリカランド円はこんな感じ

トルコリラ円は13万円の証拠金で一年間41万円のスワップが期待できて、南アフリカランド円に関しては、4万円の証拠金で1年間5万円のスワップが期待できます。

トルコリラに関して言えば130万円の証拠金にしたら、年間410万円ですし、南アフリカランドに関しては、40万円で年間50万円になります。

家賃収入との比較

仮に、家賃5万円で10部屋のアパート一棟が中古で6000万円だったとします。

この場合、満室だとしたら月間の家賃収入が50万円で年間600万円の家賃収入になります。もちろんここから管理費や修繕費など諸々が惹かれるので600万円が手元には残りませんが、売上としては600万円の売上になります。

6000万円の投資で600万円の売上。

スポンサーリンク

トルコリラ円は130万円で年間410万円になるので、投資としてはアパート一棟を購入するのと近い感じですね。

南アフリカランド円でいうと、400万円で500万円が期待できますので年利で言うと10%超。アパート一棟買いよりも美味しい投資になります。

スワップのリスク

もちろん通貨なので、トルコリラ円も南アフリカランド円も変動があります。

その変動に対する調整は必要になりますが、そのあたりはアパート経営や不動産投資も似たような感じではないかと。

投資としてみると、トルコリラ円と南アフリカランド円のスワップトレードはかなり美味しいのです。

スワップを得る手順

では、これを行うにはどうしたらいいのか?

まずはじめに考えなくてはいけないのが、スワップポイントが高いFX業者でトレードすることが必須になります。

LIONFXはトルコリラ円と南アフリカランド円のスワップが高いことで有名です。

デイトレやスキャルのイメージが強いLIONFXですが実はスワップが高いのです。

しかも、9月4日からトルコリラ円と南アフリカランド円の証拠金が大幅に少なくなりました。

・トルコリラ円は1000通貨あたり1300円(9月12日現在)
・南アフリカランド円は1000通貨あたり400円(9月12日現在)

となっているので、大きめのロットも持ちやすいのです。

1000通貨対応でスワップが高いのはヒロセ通商だけなので、スワップを体感するためにも1000通貨対応のLIONFXをまずは口座開設しましょう。

以下にスワップトレードを行う手順をまとめてみました。

1・LIONFXに口座開設をする
2・入金をする
3・南アフリカランドorトルコリラ円のどちらか、もしくは両方を買う
4・スワップが付与されているのを確認する

これだけです。

お試しであれば10万円ほど入金してトルコリラ円と南アフリカランド円の両方を買ってみるといいでしょう。

トルコリラ円で1万通貨 南アフリカランド円で10万通貨を買っても、10万円に達しないのでとりあえずOK。

これで試してみると良いですね。

で、一週間後のポジションを見てみてください。

スワップポイントが付与されているはずです。

これが嬉しいんですよ、結構。

スワップ・・・後悔先に立たず

自分は何年かぶりにお試しでトルコリラを買ったんですが、スワップが1万円超えてて嬉しいという気持ちの反面、「あの時お試しじゃなくてもっと資金を増やしてればよかった・・・」と思っています。

現在、トルコリラ円も南アフリカランド円も安値水準ですし、今のうちに買っておくと良いと思います。

善は急げ!

来年の今頃スワップで不労所得を得ている可能性は高いですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ