期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

【FX】北朝鮮のミサイルによる相場観のリセットと今後のプラン

北朝鮮のミサイルによる円高(下落)についてのニュースや見解も落ち着いて来た頃でしょうか。

今思い返しても、携帯から流れるアノ音は嫌でしたし、二度と聞きたくないですね。

私の祖父は戦争に行っていましたし、当然祖母は戦争中の日本を経験していて、祖父からは戦争のこと祖母からは空襲警報の怖さを聞いていました。

今回のアラートは空襲警報ではないものの、毎日のようにこういった”音”に接していたと思うと、何とも言えない気持ちになりました。

さて、話を戻してFX相場の話。

今回の北朝鮮のミサイルによる値動きによって、私のトレードプランや相場観をリセットしましたので、相場観等について書いてみたいと思います。

ミサイル問題以前の相場観

北朝鮮からのミサイルが発射される前の段階では、私は円高に振れると考えていまして、108円台にあったと言われるストップを巻き込んで下落すると考えていました。

どこまで下落するかは予測していませんでしたが、円高の流れになると考えていました。

というか、ミサイルが発射される前までは円高トレンドの中にあって、いつ大きめの下落が来るかなと考えていたのです。

ですので、下落に対する準備をしていて、いつ下落が来るかな~と考えてました。

もちろん独自手法でロングのシグナルが出たらロングでエントリーすることはありますが、大きなチャンスとして下落を期待していました。

要因1 一目均衡表の雲の下で推移


日足の一目均衡表は本当によく機能してくれていて、中長期的な判断をするときはほぼ確実に日足の一目均衡法をチェックします。

今回の下落を意識していたのも、一目均衡表の下で推移していたということがあります。

特に、基準線と転換線がレジ済んたすとなり、この付近で推移していたので、下落のタイミング待ちかな~と。

ただ雲の形がイマイチで、若干薄かったので、それは気になりましたけどね。

要因2 シカゴIMM通貨先物ポジション推移


次の要因としては、シカゴIMM通貨先物ポジション推移が関係しています。

まだ日本円の売りのほうが日本円の買いより多かったので、そろそろ決済をするかな~という考えがありました。

ただ、正直に言うと、シカゴIMM通貨先物ポジションについての分析は勉強不足で、ハッキリとした見解としてブログやメルマガで伝えられるほどではないんですね。

なので、自信はなかったのですが、私なりに考えて見た感じだとそのように感じました。

よって、ドル円はどこかのタイミングで下落すると考えていて、もしその下落が始まったら結構インパクトがある形で下落するのではないかなと考えていました。

スポンサーリンク

ミサイル問題発生後


さてここでミサイル問題です。

ミサイルを打ったことでドル円は下落しましたね。

あのアラートがなってから、しばらくはテレビで情報を得ていましたが、数分後にはスマホアプリを立ち上げてチャートをチェックするという・・・FXトレーダーらしいといえばらしいのですが(汗)

ミサイルの件がある程度落ち着いてからもドル円は下落し続けたのですが、108.50円あたりを付けてから反発上昇しました。

私としては、「損切りの売りの防衛か、安値圏での買いが入ったくらいだろう」と考えていたんです。

がしかし、その予想に反してグングン上昇。

なんとなく不自然な上昇に感じました。

相場観のリセット

このグングン上昇したことで、私の相場観はリセットされました。

というのも、上がりすぎに感じるんですね、この上昇は。

110円にタッチしてレンジに移行するか、再度下落するのであれば、ミサイル発射前と同じで下落有利と考えられたのですが、109.50~80円あたりが底堅いなと。

逆に言うと、109.50円よりも下で推移してくれる事が理想だったのですが、それよりも上で推移しちゃったものだから、相場観をリセットせざるを得ません。

こうなると、114円~109円のレンジトレードとなるのかなという印象があります。

ただ、アメリカの雇用統計はもちろんのこと、債務の問題がありますので、そのあたりに関する大きなニュースがでてくれば114円台に乗せる前で失速する可能性もあります。

現状だと、114円~109円のレンジトレードになるのかなという印象が強いです。

今後のプラン

ということで、今後はどうするかというと、

・114~109円のレンジだと考える
・スキャルに関しては独自手法でロング&ショート問わずシグナルに応じたトレードを行う
・アメリカの債務問題に関しては日々チェック

という感じです。

相場観という観点で言うと、まだ組み立てられていない状態ですね。

本来の姿である、スキャラーとしてトレードしていきます。というまとまりのないシメでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ