FXテクニカルチャート

PIVOT(ピボット)を【5分足】で使う

更新日:

ギリシャのデフォルトが確実になったそうですね。

となると、ユーロ主導の値動き。

がしかし、
思ったよりも下を攻めないし上も重いので慎重にトレードしてます。

さて、ここのところシリーズ化しているPIVOTについてまた書いていきますね。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ10位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ

いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


 

PIVOTについて、ここのところ書いています。

PIVOTばっかり書いていると、飽きちゃいますかね^^;

でも、使えるので書いちゃいます^^

最近のPIVOTの記事がこれ
PIVOTの活用方法
ピボット(PIVOT)を使う理由

ちょっとわかりにくいかな^^;

自分も伝えたいことをキチンと書けてない気がする。。。

今日はわかりやすいと思います。

PIVOTって前にも書いたように、日足ベースのものが有名です。

しかし、5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足

どれでも機能すると私は考えてます。

こちらを見てください
pivotユーロドル
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

上記は、MT4の5分足に5分足ベースのPIVOTを表示したものです。

各PIVOTのラインは一本前の足がベースになっているPIVOTです。

スポンサーリンク

ちなみに○で囲ってあるところで今日はトレードしました。

ちなみに、ちなみに
PIVOTをライン化したテクニカルがFXTSでは表示可能。
FXTS

FXブロードネット(フィルタリングの方法を書いたレポートをプレゼント中)

ラインのほうがわかりやすい方はこういうのを使うといいと思います。

話を戻します。

こうやってみてみると、PIVOTの上か下か?という判断として
使ったとしてしても流れがわかりやすくなると思いませんか?

上ならロング・下ならショート

なんだか( ̄ー ̄)ニヤリッ って感じになりますよね。

ただ、これだけでトレードするのは少々リスクが高いので
その他の条件やルールが必要になってきます。

私が最近PIVOTにこだわってるのはわかりやすさ。

そして、パラメータの設定が必要ないという点が好んでる理由。

パラメーターの変更の必要がないテクニカルはなかなか少ないですよね。

だからこそ、わかりやすいし機能するのではないかと思います。

これがPIVOTを使っている理由のひとつ。

今日はシンプルに書けたかな^^;

いつもはもっと長くなりますからね・・・

シンプルにわかりやすい文章をこころがけようっと^^

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXテクニカルチャート

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.