1分足スキャル手法

PIVOTの活用方法

更新日:

前にも書いた、

メインの手法の弱点を補うスキャル手法

ですが、そろそろ公開していこうと思っています。

なぜかというと、ある程度良い結果が得られてるのと
これ以上引っ張ってもなんだかな~って感じだからです(汗

極端な話し・・・未完成の部分があるにしても、
アウトプットすることでもっと良いものになるかもしれないという
考えがあるからです。

で、その前に、いくつか書いておきたいことがあります。

それが今回書いておく、PIVOTについてです。

PIVOTを活用していくので、PIVOTへの理解は必要なので
私自身の復習の面も踏まえて、書いてきます。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ10位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
⇒ FX人気ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


 

今後公開する手法においては、PIVOTがかなり重要になるので
PIVOTについて書いておきます。

PIVOTってのは、世界中のトレーダーが見ているといわれている
価格帯のことです。

PIVOTを中心に R1 R2 S1 S2 などがあります。

R=レジスタンス S=サポート ということですね。

このPIVOTについては以前計算式を書いているので
そちらを参考にしてください
FX・PIVOT(ピボット)の計算式と使い方

さて、PIVOTですが
業者のニュースや情報に必ずといってよいほど提供されてますよね?

ドル円 レジスタンス2に到達 とか^^

で、通常はこのR1・R2・S1・S2などのサポート・レジスタンスとなるであろう
価格帯に到達したかしないか?が重要視されてます。

その時の、PIVOTの算出方法は日足ベース。

つまり、前日の値動きに対してのPIVOT値。

前日の値動き(高値・安値・終値)を利用して、PIVOTを算出し
それを利用して、トレードの戦略等を立てていきます。

スポンサーリンク

例えば、PIVOTの上に位置している場合は
R2をターゲットにポジションを取る、とか

S2に到達したから、反発狙いの逆張りをする、とかですね。

そんな感じで、基本的にはPIVOTを利用します。

MT4のインジケーターで自動で日足ベースのPIVOTを表示してくれる
インジケーターがたくさんあるので色々試してみるとよいでしょう。

前振りがいつも長いな・・・

さて、新しい手法でどうPIVOTを使うのか?

通常は先ほども言いましたように、R1・R2・S1・S2などのサポレジを利用します。

でも、新しい手法では、PIVOT値それ自体を使います。

なぜかというと、PIVOTは上か下かの判断に利用できるから。

つまり、PIVOT値のみを利用してスキャルをしていくということです。

では、具体的にどうするのか?

これ以上書くと長くなるのでまた次回^^

シリーズ化すると思います、この手法に関しては。

お楽しみに^^

あ、そうそう。

MT4は必須になるので、MT4をいじったことがない人は
是非この機会にいじってみてください^^

FXトレードフィナンシャルが提供してるMT4i いいですよ^^

裁量でMT4使うなら、このシステムがあると便利です。

>>>FXトレード・フィナンシャル
FXTF

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-1分足スキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.