FXスキャル手法

スキャル手法【レンジスキャル】

更新日:

私のトレード通貨ペアは、
ユーロドル・ドル円がメインでポンド円・ユーロ円がサブでした。

が、最近は、ポンド円とドル円がメインになりつつあります。

なぜか?

その理由は後日書きますね^^

特にドル円が熱いです^^


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ25位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


前回は、
スキャル手法【損切りの判断とドテン】
について書いてみました。

で、20EMAのhighラインとlowラインをどう活用しているのか?を
書こうと思ったのですが、レンジ対応についてご質問を頂いたので
その方法を今回は書いてみます。

これまで書いたエントリーの方法は、押し目・戻りを狙ったものでした。

つまり、短期的なトレンドができた上で初めてできるエントリーなんですね。

でも、相場は時としてレンジとなることもあります。

そういうときにどうしているのか?を書いていきます。

まず、これから紹介するレンジスキャルは行える状況が限られてきます。

どういう状況下というと、

20EMAの2σのボリバンが10EMAを中心としたエントリーゾーンに
入ったときだけとなります。

こんな感じです
スキャル
MT4搭載⇒FXトレード・フィナンシャル

この状況になるのはあまり多くありません。

この状況でスキャルをする場合、逆張りとなります。

やり方は簡単です。

-2σにタッチしたらロング
+2σにタッチしたらショート

スポンサーリンク

この繰り返し。

先ほどの状況下だけ、この逆張りの王道とも言える方法を行います。

逆に言えば、逆張りができる状況を少なくしているともいえます。

なぜかというと、逆張りをOKの状況を多くしてしまうと
いつでも逆張りがOKになってしまいます。

そうするとトレードチャンスが多いなと思って、
無駄なエントリーが多くなってしまうのです。

特に私の場合はそうでした。

しかし、逆張りはスキャルの王道でもありますし
逆張りを身につければ、スキャルでコツコツとりに行くときに非常に役立ちます。

そこで、逆張りをして良い状況をこちらで設定してしまおうということで
この状況だけ逆張りOKにしよう と考えたわけです。

ドル円だとエントリーゾーンが狭いので
さほど逆張りOKの状況にならないのですが、ポンド円やユーロ円やユーロドルだと
エントリーゾーンがドル円に比べて広いので
そちらの通貨ペアのほうがやりやすいと感じています。

ルールはシンプルなのであえて説明は要らないと思います。

がしかし、私が逆張りスキャルをしているのは

上記の状況下においてのみ

と設定しているということ、を今回は書いておきたいと思います^^

逆張りを身につけるとスキャルパーとしては非常に強いですが、
そのぶん、逆張りは難しいと思います。

鍛錬が必要ですね^^

下記をクリックすると幸運が訪れる?
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
っていう噂はありませんが、
応援クリックおねがいいたします。

クリックしてくれる方が少なくなってるのでちょっと寂しい・・・

期間限定企画】

FXブロードネット
→ エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポートプレゼント
このことを知ってからトレードをしていれば、
もっと勝率を上げられたのになぁ・・・と思ったことを書いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXスキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.