期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

マルチタイムフレームを利用したスキャル戦略

マルチタイムフレームって言うと難しいかもしれませんが
要は、大きな時間足と小さな時間足を比べて
トレードすることですね。

一般的に言われてるのは

例えば、

1分足と15分足と1時間足を表示して
1時間足の方向と15分足の方向が一致したら
1分足でタイミングを見てエントリー

などですね。

この考えについてですが
私も以前はそうでないといけないんだ
思い込んでました

これって、正解なようで正解でない気がするんです。

この件について私なりの見解を書いて見ますね。
(ちょっと長いですが、気合入れて書きます。
  チャートを使って解説も入れたいと思います)

常識を疑ってみると違った何かが見えてきます。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
注)全て別窓で開きます^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 超下落中(涙
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!

アイネットFX ←一目均衡表の研究・プレゼント
ユニマット証券←デイトレ手法レポート
FXブロードネット ←レポートプレゼント中


 

私もスキャルしながら、
1時間足や4時間足を見てますし15分足もみています。

ただ、スキャルのエントリーは1分足です

つまり・・・

一般的に言われてるように
1時間足などの大きな時間足の方向にだけ
エントリーするということはしてません

じゃあなんで1時間足とかを見てるのか?

状況を把握するために見ています

例えばこちらをご覧ください。
4時間足
チャート→FXブロードネット

上記は10月下旬から11月上旬までの
ユーロドルの4時間足です。
(分かりやすいので過去のチャートを使います)

これはアップトレンドのラインが引けるので
上昇トレンドだと判断できます。

一般的な常識で言えば、
この場合、ロングのみを狙うことになります。

がしかし、
1分足や5分足などで確認できる短期的なトレンド
でいうと
小さな下落トレンドができるんです。

スキャルだとそういう場も狙えるので
ショートでエントリーします

ただ、この場合上昇トレンドではあるので
このラインまで下げたとしたら
このラインが押し目になる可能性が高くなります

ですので、このトレンドライン付近は
ショートで入るのはリスクが高いってことですね

又、小さな下落トレンドができても
それは押し目までのトレンドだと考えておくのです

なので、この状況下で1分足にトレンドができて、
ショートする場合
このトレンドライン付近までで考えます。

スポンサーリンク

ショートでエントリーした状態で
トレンドラインに近づいたら
一旦利食いするか、損切りしておく。

で、トレンドラインをブレイクして
下落トレンドができればそれはそれで
ショートでエントリーできます。

又、このトレンドラインが押し目になれば
ロングでスキャルができますね^^

といった具合に、長い時間足を使って
現在の値動きの種類を把握しておくんです。

そうすれば、スキャルで入れますね^^

で、各値動きの種類を見て戦略を変えてます。

こちらのチャートに書き込んでみたので
クリックして拡大してみてください^^
4時間足解説
チャート→FXブロードネット

例えば、
押し目までの下落トレンドだとすれば
どこかで押し目狙いのロングエントリーをしてくる
トレーダーがいるので
なるべくポジションを持つ時間を短くして
細かく利食いをしてリスクを小さくしておきます

つまり、2~5pipsくらいを狙う。

黄色の○のAまでの下落ですね。

で、押し目になったら
トレンド方向にスキャルしていくので
10~20pipsくらいを狙うスキャルをする

丸Aからの上昇です。

こんな感じで考えてます。

スキャルは一回のエントリーで取れる値幅は小さいです

回数でカバーするのがスキャル。

なので、状況を把握して戦略を変えることが
臨機応変なスキャルをするためには必要かなと思います。

マルチタイムフレームは
こんな感じで考えてるので
もしよかったら知識のたくわえにしていただければ幸いです^^

手法公開のモチベーションになりますので応援クリックお願いします!
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最近、ちょっと寂しいです(涙

期間限定企画】

FXブロードネット
 → エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポートプレゼント
 このことを知ってからトレードをしていれば、
 もっと早く勝てるようになったのになぁ・・・と思ったことを書いております。
  
アイネットFX
 → 書籍【一目均衡表の研究】をプレゼント!一目均衡表をマスターしよう!

三田証券
 → 私が実践中のデイトレ手法レポートをプレゼント
   シンプルで損切りが小さいルールです。

サクソバンク
 
 → 「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版有料会員コンテンツ」を
  6ヶ月分無料でプレゼント(約10,000円相当!!)詳しくは↓のバナーを
  クリック

アイネットFX

[スキャルピング] ブログ村キーワード

スポンサーリンク

2 Responses to “マルチタイムフレームを利用したスキャル戦略”

  1. 堀江 昇 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。
    なるほど。勉強になります。
    スキャルはやらないのですが、考え方は時間軸をもっと大きくしても使えますよね。

    全部応援しておきました♪

  2. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: f960e33358a2e967b6b72edfd0463fbe
    こんにちは(´・ω・`)。

    マルチタイムフレームについて勉強中のものなのですが、質問させていただいてよろしいでしょうか。

    基本的に1分足か5分足を使ったトレードをしており、上位の足と方向性を合わせてからエントリーしています。

    しかし、ここで悩むのが上位何分足を見ればよいのかということです。1時間から2時間を使うことがおおいのですが、何か目安のようなものはあるんでしょうか。

    また、マルチタイムフレーム分析をする際に、フラクタル性を取り入れたいと思っているのですが、これも上位何分足を見たらよいものか悩んでいます。

    ご存知でしたら教えてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ