ブレイクアウト

レンジブレイクアウト系テクニカル

更新日:

私のメインの手法に付け足すコトを
今後紹介していく予定です。

その際に、
下記のテクニカルのいずれかが必要になりますので
今回は下記のテクニカル

・ケルトナーチャネル
・エンベロープ
・ボリンジャーバンド

についてちょっと触れますね^^

今日からのトレードに活かすのもアリです。

まずは・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   下落中・・・(涙
⇒ FX人気ブログランキング 
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

さて、

・ケルトナーチャネル
・エンベロープ
・ボリンジャーバンド

ですが、
レンジブレイクからのトレンド発生を
利用するテクニカルといった共通点があります。

上記のテクニカルは、
特定の移動平均線を中心に上下にバンドが表示されます。

ケルトナーチャネル
ケルトナーチャネル
チャート→ アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)

エンベロープ
エンベロープ
FXブロードネット

ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンド
FXブロードネット

それぞれ本来の使い方を簡単に説明すると
特定のバンドを抜けた方向についていく、
といった使い方ですね。

ケルトナーチャネルなら、
上のバンドをローソク足が抜けて終わったらロング優勢。

エンベロープ
なら、
ローソク足が0.1などで設定したバンドの
上のバンドを抜けて終わったらロング優勢。

スポンサーリンク

ボリンジャーバンドなら、
1σをローソク足が抜けて終わったらロング優勢。

簡単に説明するとこういった感じです。

これらのテクニカルを使い慣れると
レンジの判断もしやすくなります

どれもそうなのですが、
中心となっている移動平均線(SMA・EMA)よりも
若干早く横向きになったりするので視覚的に
「レンジになったかな」
と判断しやすくなります

そうなったら、
上下バンドを抜けたらエントリーしようという
判断ができると思います。

スキャルだと、
ちょっとしたレンジブレイクでも十分な利幅が取れますよね。

なので、こういったテクニカルを利用してみるのも
良いと思います。

でね、これらのバンド系のテクニカルは
もう一つの使い方があって、それが、

上下のバンドそれ自体を
ストキャスティクスの20・80ラインのように捉えて、
ローソク足の位置関係から買われすぎ・売られすぎといった
判断をする使い方です

このテクニカルがあれば
オシレーター的に使えるし、
レンジブレイクとしても使える優れもの
です。

これら全てを表示するのではなく、
自分の好みで選らんで一つ表示しておくと良いと思います。

ちなみに、各テクニカルはそのほかに特徴があるので
それを次回、書いてみますね^^

今日も一日、がんばりましょうね!

【当ブログ限定企画】

私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。
レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^
詳しくはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-ブレイクアウト

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.