期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

ブレイクアウトの騙し

ツイッター⇒http://twitter.com/kazuemonfx

背景を札束にしてみました。

上記ツイッターにも書きましたが、
隣の家のおじさんがカラオケしてます(笑

曲は、おそらく「孫」

週に何度か隣の家のおじさんはカラオケをします。

かな~り熱唱するのですが・・・

途中で声が裏返えります(笑

さてさて、前回の記事⇒レンジブレイクアウト系テクニカル
の続き、といきたいところですが、
その前にブレイクアウトが関係するので書いておきます^^

スラムダンクは私の愛読書です←後半で意味がわかります。

まずは・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   下落中・・・(涙
⇒ FX人気ブログランキング 
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

レンジブレイクして上昇する、と考えて
ブレイクアウトからの上昇でエントリーしよう
考えていたとしましょう。

こんな感じの値動きで
ブレイク

このとき、上のラインをブレイクすると予想したとします

その後、こんな動きになったとしましょう。
ブレイク2

やった!ブレイクした!

と思って、そのまま利食いを待つとします。

がしかし、こんな感じで下がっちゃったとしましょう。

ブレイク3

このブレイクはだましだった可能性が高い

ブレイクして上昇すると考えてたもんだから、
ブレイクポイントを下方向にぬけてきちゃったら
損切りするしかないと思いへこむわけですね。

しかし、もう一つのシナリオを立てることができます

レンジブレイクをしたものの、
跳ね返されたのだから

上昇よりも、下落のチカラが強いと判断できるわけです。

スポンサーリンク

ブレイク4

つまり、損切りした後に
ショートで入れる可能性が高まったってこと

もちろん、いきなりドテンは注意が必要です

レンジになる可能性もあるので。

ですが、これによって
下落のチカラが若干強いと判断でき、
上昇のチカラが弱くなってると判断できます

予想をしちゃうと、その予想に反した動きになった場合、
臨機応変なトレードできない。

がしかし、いくつかのパターンを考えておくと、
そのパターンを利用して、トレードができる可能性が高くなる

先ほどの例だと、ブレイクポイントでエントリーして
損切りが15pipsだったとしましょう

しかし、その15pipsを損失だけで終わらせず、
上記例でいうと、その15pipsの損切りを
上昇のチカラが弱くなってきた情報料
とできるわけです。

スラムダンクを思い出してください^^

安西先生が桜木に言った言葉

「リバウンドを取ればマイナス2点が消えて、
 プラス2点の可能性が生まれる。
 リバウンドを取ることで4点分の価値がある」

正確なセリフではありませんが、
こんな感じのセリフがありましたよね^^

損切りをプラスに変える

うぅ~ん、深いな~。

ちなみにワタクシ、バスケをずっとやっております。

最近は・・・練習に参加してないけど(汗

話がそれました。

ブレイク一つ取っても、
色々なトレードができるわけですね^^

今日のトレードの参考になれば幸いです^^

期間限定企画

私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。
レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^
詳しくはこちら

スポンサーリンク

One Response to “ブレイクアウトの騙し”

  1. Gretchen より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今日のお題とは離れるけれど
    為替のチャートを観て思うのは
    かずえモンさんが描かれているサンプル画面

    下降するなら素直に下降すればいいものを
    一旦上昇したところで
    気が早い買いサインが出たり
    買いエントリーしたことを見計らって?
    一転 長い短いはあるけれど下降トレンドに入る

    両建てや途転が好きな人は
    人がジャンプする前にしゃがんで力を貯めるのに似ている
    と表現する

    複数のEMAをチャートに現して収縮から乖離を待っている時も
    収縮→上に乖離し始めても一呼吸置いて
    ほんとに上か確かめる時間が必要

    けれど・・・最近は
    収縮→乖離の場面で
    長い時間僅かな値幅を上下繰り返していたかと思うと
    いきなり20~30pほど動いてしまうことが見られます
    もちろん飛び乗ったりは出来ずチャンスを逃し
    いったいなんのために長い時間画面に張り付いていたのかと

    それはさておき
    早めの損切り途転の解説ありがとうございます

    エントリーサインにポジション持って真逆に動いた時
    そのまま粘ってみるのか
    範囲を決めての難平か
    両建てて様子見るか
    早めの損切りか さらには途転か

    ほんとうに難しいところですが
    今の私は最初のエントリー枚数を少なくして臨んでいます
    早くピラミッティングが上手く出来なければ利益僅かです

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ