FX初心者でもできる上達法

時間帯で押し目・戻り目をどう判断するか?

更新日:

自分は基本的に、
・10EMAと20EMAのクロス
・遅行スパン
・サポートライン・レジスタンスライン・トレンドラインのブレイク
・CCIの状況

を主に使ってトレードをしています。(1時間足や4時間足ではCCIではなくRSI)

がしかし、
常にこの状況でスキャルができるというわけではありません

チャートを開いたときにはもうすでに
上記の条件を全てチャートが満たしてるケースも多々あるわけです。

そこでチャンスを見計らうのですが
そのチャンスっていうのは、押し目・戻り目

では、この判断をどのように行っているのか?

そのあたりを書いてみます。

その前に管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   
⇒ FX人気ブログランキング 
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!

まずは、押し目・戻り目の判断に先日書いたこの記事
時間帯で押し目・戻り目からのスキャル
の考え方を考慮しておきます。

そして、押し目・戻り目からのエントリーチャンスは
15分足の10EMAか20EMAに近づいたときです。

このときに、5分足をよ~くチェックします。

例えばこんな感じで
15分・戻り目
チャートはメタトレーダー4

左側が15分足で右側が5分足です。

15分足において20EMAに向かっていっていることがわかります。

その時の、5分足をチェック

1の部分は上げて・下げて・上げてますね。

次の2の部分は、下げて・上げて・下げてます。

ここでのエントリーは2の中にあるの部分。

5分足のaの足が確定した時点でエントリーします

ストップは5分足の70EMA付近(緑のライン)。

およそ15分足の20EMA付近となり、数値的には10~15pips程度となります。

スポンサーリンク

aの足が下げで始まっているので、パターン的には

下げて・上げて・下がる
下げて・下げて・上がる
下げて・上げて・上げる

の3つ。

もし

下げて・上げて・下がる
下げて・下げて・上がる

のパターンならば、そのままトレンドが継続すると考えて
そのままポジションを維持します。

下げて・上げて・上げる

のパターンになった場合はなるべく早めの利食いを考えます。

この場合、
上げる力のほうが強いと思われるので利食いを早めに考えます。

このように、15分足の10EMAや20EMAに近づいたときに
5分足の状況とパターンを考慮しながら押し目・戻り目の判断をし
エントリーに結び付けます

もちろん、今回のパターンどおりに行かないこともありますし
今回のパターンで損切りに繋がるケースもありますが
こういった形でエントリーしています。

これに平均足をプラスすると、よりエントリーしやすいと思いますので
平均足を同時に表示しておくとよいかと思います。

・10EMAと20EMAのクロス
・遅行スパン

で方向性がハッキリしていれば、
あとは押し目・戻り目でエントリーすればよいだけ。

今日は日曜日なのでこの記事を参考に⇒メタトレーダー4を休日に動かす
MT4で練習してみても良いと思います^^

ちなみに、この方法に近い形でシグナルを表示してくれるのが
ひまわりFX PROのシグナルです。

参考⇒ひまわりFXPROの売買シグナルで押し目・戻り目を判断
参考⇒ひまわりFX PRO

このシグナルを5分足or1分足に表示すると
今回紹介した押し目・戻り目の判断に近い形となりますよ^^

まずはそちらを試してみても良いかもしれません^^

【当ブログ限定のお得情報】

私が書いたレポートをプレゼント中です。
レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^
詳しくはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FX初心者でもできる上達法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.