期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

FXにおけるファンダメンタルズ分析の必要性

今回はFXをトレードする上で忘れられないファンダメンタルズ分析についてです。

FXトレーダーのほとんどの方はテクニカル分析を行い、チャートとにらめっこしてポジションを持つかどうかを考えたり、今後どういう動きをするのかを考え、それに応じてトレードしていきます。

これは私も同じですし個人投資家として有名な方も同じでしょう。私は基本的にはこれまで紹介してきた取引ルールを使ってテクニカル分析をしてトレードしています。

チャートによるFXの分析、つまりテクニカル分析だけをしていると、忘れがちなのがファンダメンタルズ分析。

ファンダメンタルズ分析とは、簡単に言えばニュースや経済状況や株式の状態や主要国の要人の発言などそういったことを分析するのがファンダメンタルズ分析と言います。

さて、このファンダメンタルズ分析はFX取引において重要なのか?必要なのか?答えから言うと私は必要だと思います。

なぜファンダメンタルズ分析が必要なのか?

なぜかというと、相場はチャートが動かしているのではなく人が動かしてるからです。

機関投資家や政府筋の人間など我々が考え付かないような金額を動かしている人たちが、色々な国の経済状況などを考えたりしながら通貨ごとに良いか悪いかを判断し、相場を動かし、彼らは利益を生み出しています。

我々のような個人投資家が儲けるためには、その波に乗ることが重要。逆に言えば、その波に乗るしかないですし、乗っているだけなのです。その相場に上手く乗って儲けるためにテクニカル分析をしてチャートとにらめっこして私たちはFXをするわけですね。

我々のような個人投資家の資金力とは全く違います。相場を動かしているのは主に彼らなのです。

その相場に乗るだけならテクニカルチャートだけでいいじゃないか、と思いがちですがそうではありません。機関投資家をはじめ、資金力のある投資家たちが相場を動かす要因となっているのがファンダメンタルズなんです。

もちろん彼らもテクニカル分析をすると思いますが、トレンドなどは結局ファンダメンタルズによって動かされています。

ファンダメンタルズ分析の難しさ

ファンダメンタルズ分析は重要だし、必要です。しかしファンダメンタル分析はテクニカル分析より難しいです。簡単にできるものじゃありません。

経済に詳しくないとファンダメンタル分析は到底できないですし、要人発言なんかはその発言がどういう意味を持っているのかなどは、我々には到底理解できないわけです。

しかもFXをはじめたばかりのFX初心者さんならなおさらですが、必要性はあるので、ファンダメンタルズ分析はしないといけません。

では、FX初心者が出来るファンダメンタル分析ってナンなのか?

FX初心者向けファンダメンタルズ分析

私が思う”FX初心者が簡単にできるファンダメンタルズ分析”は、FXの相場に影響するであろう要人発言・指標発表が実行される時間帯をチェックしておくことが中心だと思います。

雇用統計・FOMC・日銀総裁の発言などの経済指標や要人発言の時間を知ること。これが第一歩だと思います。

まずは知るだけでいいのです。

その理由として、FXの相場に影響しそうなファンダメンタルズ的要素というのはテレビのニュースを見ているだけじゃ理解できません。それに、FXに影響するファンダメンタルズ的な要素というのは主要国全てにあることなので、それらを把握しないといけません。

FX初心者にそういったファンダメンタルズ分析を行なえというのは無理です。

ですので、まずは指標や要人発言の時間を知ること、そしてその時にどう動いたのか?をチェックすることなのです。

しかし、ファンダメンタルズ分析の情報は勉強しなくても良いのでしょうか?いえそんなことはありません。勉強はすべきだし、情報は集めるべきです。

ファンダメンタルズ分析の情報源

ファンダメンタルズ分析は、FX初心者はもちろんのこと、中級者でも難しいと言われています。

だからファンダメンタル分析は専門家に任せるのが一番。

専門家はFXの相場に影響しそうなニュースや発言などを常にチェックして、その中から特に影響が大きい要素を我々に教えてくれます。

アナタが開設しているFX口座にもあると思います、FXに関係しそうなニュースを配信する提供サービス。メルマガかもしれないし、口座管理画面から見れるのもあればチャートに連動しているのもあります。逆に言えば、そういうニュース配信のサービスがない口座は私は良くないと思います。

スポンサーリンク

そういうニュース配信をチェックして、どの時間帯にどの発表があって、どのくらいFXの値動きに影響があるのかを把握し情報を集めておくことがFX初心者ができるファンダメンタルズ分析です。

FXの相場に影響しそうなファンダメンタル的要素を毎日教えてくれるので、それを毎日チェックすることでファンダメンタルズ分析のちからがついてきます。

専門家が私たちに代わってファンダメンタル分析をして、その影響がある時間帯などを毎日伝えてくれる情報をまずはチェックすることからはじめましょう。

私たちができるファンダメンタル分析は値動きに影響しそうなニュースがある時間帯を知ること、専門家の意見を集めることが中心です。

FXのファンダメンタルズ分析の悩み

先日こんなご質問をいただきました。

+————————————————+
ファンダメンタルとブログ内検索をしましても的確な答えが見つかりませんのでお聞きしたのです。
このうちでも特に指標発表に関してです。
様々な発表が日々りますが、特にUSに関してです。
雇用統計・景気指数などなどで予想より良いと$の価値が上がり逆に悪いと価値が下がるのが一般的特徴なのでしょうが、そうなる時と逆に動く時があります。
U雇用統計の時は価値が上がり、逆に経済指標の時は価値が下がるように思うのですがいかがでしょう?
少し前にUSの住宅着工件数の発表がありました。結果は予想より良いでした。結果ユーロ/ドルはアップしています。これはユーロに対してドルは価値が減少している事ですよね。何でこうなるのでしょうか?
初歩的過ぎるといわれるかも知れませんが、その理由を教えていただけたらと希望します。
よろしくお願い致します。
+————————————————+

この件に関しては、正確な答えがわかりません。というのも、ファンダメンタルズ分析の難しさの1つとして、答えが1つではないということがあるからなのです。

頂いた質問に対して、私なりの見解を申し上げることしかできなく、それが正しいとも思えません。

しかも、ファンダメンタルズ的な疑問に対する答えは専門家も人によって違いがあります。専門家ですら意見がまっぷたつに割れることがあります。

つまり、逆に言えば指標の結果から相場の方向性や上げ下げを正確に判断するということはかなり難しいと思います。それがファンダメンタルズ分析の難しさなのです。

ではどうすればいいのか?複数の意見と様々な情報だけを仕入れておくことが大事だと思われます。

つまり、分析をするのではなく、指標結果からどうなるか?などといった情報を仕入れるだけに留めることです。

私はファンダメンタルズ分析が得意ではないので、FX業者のサービスなどで専門家のレポートなどが提供されているので、そういったの利用して情報を集めています。

ファンダメンタルズ分析ができれば有利になる

私は大学等で経済など専門的なことを学んだことがないので、経済とファンダメンタルズに関しては独学です。

よって、私はテクニカルを重視したトレードになっています。

しかし、ファンダメンタルズ分析をしないとか、やらなくてもいいとは思っていません。

ファンダメンタルズ分析や指標から相場の方向性を見出すってことができるのであれば、それはそれですごく有利な武器になると思います。

今回頂いたご質問のように指標の結果から値動きの背景がわかるようになればトレードに根拠がでます。

例えば、指標の結果から上昇するという分析結果を自分で出したとします。

そしたら、自信をもって押し目狙いができるし「ショートで入るのは逆張りだよな」ってわかるので、ファンダメンタル分析ができるのは有利なわけです。

しかも、通貨ごとのパワーバランスを見ながら、指標の結果や要人の発言から得られる情報を分析しつつ、それをテクニカルと比較してトレードする。こういったファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の融合ができるようになれれば鬼に金棒です。

ファンダメンタルズ分析向きの人

私は専門学校卒で経済のことを専門的に勉強してないので、専門家のようなファンダメンタルズ分析はできません。だから、テクニカル重視です。

ただし、人によってはテクニカルよりもファンダメンタルズ分析が必要で、通貨が動く要因や仕組みなどがわかっていないとトレードできないって方もいると思うんです。

そういう方はファンダメンタルズ分析を勉強していいと思います。

単純に私は、そういうタイプではなくテクニカル分析が性に合ってる性格なのでテクニカル重視のトレードをしています。

自分の性格にファンダメンタル分析が必要だと思えばそういう分析を行いつつトレードするのもアリだと思います。

ファンダメンタル分析ができて、そのほうが自分の性格にあっているというのであればテクニカルを無視してファンダメンタルズ分析の手法を開発する方向に進んでも悪くはないんじゃないかなと感じます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

注目の新FXの業者【LIGHT FX】

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ