FXファンダメンタルズ

東京時間の傾向とロンドン・ニューヨーク時間の差

更新日:

先日、友人とスカイプをしながらトレードをしたんですが
これが結構面白い^^

お互い、使ってるインディケーターがほぼ同じ。

それを見ながら話してると色々と再確認できたり、
自分のクセを見出せたり出来るので非常に有意義なFX談義になりました。

もしお友達もFXをやっていれば、
スカイプで話しながらトレードするのも新しい発見があって
良いと思いますよ^^

では今日のトレードプランと東京時間とロンドン・ニューヨーク時間の特徴について書いてみますね。


その前に管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   
⇒ FX人気ブログランキング 
いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


さて、今日はドル円とユーロドルを中心にトレードしたいと思います。
ここ最近はドル円が素直に動いてくれるので私としてはやりやすいと感じてます。

まずは指標のチェック。
この記事を書いてる時間は18時。それ以降の指標を。

18:30 イギリス  10月貿易収支
18:30 南アフリカ 10月実質小売売上高
20:00 ウェーバー独連銀総裁、講演
21:00 アメリカ  MBA住宅ローン申請指数
22:40 デュークFRB理事、講演
24:00 アメリカ  10月卸売在庫
24:30 アメリカ  週間原油在庫
05:00 RBNZオフィシャル・キャッシュレート発表

となってます。
指標チェックは⇒FXライブ
ファンダメンタルズや市況、テクニカルの講義まで様々な情報があります

とりあえず、21時と24時にアメリカの指標発表があるので、
注意が必要かと思われます。

ここ数日の対円通貨ペアは東京時間はレンジになっていて、
ロンドン・ユーロ勢が参入してくると、
レンジブレイクで値動きがあり、アメリカの指標で短期トレンドができる
というような流れになってますね~。

本日のドル円
レンジブレイク
クリックで画像は大きくなります
チャート⇒FXブロードネット

昨日のユーロ円
ユーロ円
チャート⇒MetaTrader4

先月なんかは、東京時間である程度のトレンドができて、
ロンドンタイムが始まると、そのトレンドの半値戻しなどがあり
ニューヨークが始まってレンジになったり
短期トレンドが単発で発生したりしてました。

現在はそのになってるかと。

現在、その逆になってるかなってないかというのが重要ではなく、
このように時間帯の特徴を捉えてトレードすると
扱いやすい通貨ペアとかそういうのがわかりやすいし
トレード戦略も立てやすいんじゃないかなと考えてます。

あ、その前に、
東京時間でレンジになると、ロンドン・ニューヨーク時間で
トレンドが必ず発生するわけじゃないですよ^^

逆もしかりで、
ロンドン・ニューヨーク時間でトレンドが発生すると
必ず東京時間がレンジになるということでもないです。

時間帯別の特徴や法則みたいなのがあるから、
それを考慮してトレードプランを考えてみましょう
、ってことです^^

スポンサーリンク

例えば、今日なんかはドル円が東京時間で小幅な動きでしたね。

15時くらいまでは高値と安値の幅が約40銭程度しかなかった。

15時を過ぎたあたりから株価の影響もありますし
ロンドン勢は早めの時間から参入してくるらしいので
そういうチカラも関係し15時や16時あたりから動き出すことがあります。

今日は15時過ぎたあたりから、15時までの最安値を抜けたところから
ずるずると下げてトレンドが発生。

現在18時ですが、とりあえずストップ売りが入ってた87.50銭あたりを
抜けるまでのトレンドとなりました。

時間帯別の特徴や傾向を踏まえながらトレードすれば
トレードプランが立てやすいかと。

もっと詳しいことを知りたい方はこのDVD
がわかりやすいです。

例えば、今日みたいに東京時間でレンジだったから、
レンジブレイクを狙ってみよう、とか、
東京時間とロンドン時間が小動きだったから
アメリカの指標発表後のトレンドを確認してから
そのレンジブレイクを狙おう、とかですね。

で、今日ですが東京時間の15時までドル円がレンジでして、
15時過ぎからストップ売りが入っていた87.50を抜けるまで下げました。

で、現在は10EMAや20EMAが横向きになりつつあるので
ちょっと勢いがなくなってきた感があります。

ただ、1時間足のADXは今のところはまだ上昇してるので
もう一段下げる可能性がありそうです。

87.60付近を勢いよく抜ければ動くと思いますが21時まで主だった指標もないので小動きになりそうな感じ。

もし、1時間足のADXが下向きになったらストキャス等を使い、
逆張り的なトレードも容認しトレードしてみたいと思います。

安全に行くのであれば、ニューヨークが始まるまで様子見のほうがよいかもしれないな~と感じてます。

色々書きましたが、
行き当たりバッタリではなく、各時間帯の動きをチェックするのもトレードの参考になりますよってことです♪

さて、今日もトレードがんばりましょう!

【当ブログ限定のお得情報】

当ブログ限定のログインだけで2000円キャッシュバックです。期限は今月末まで延長!お早めに^^
既存のキャッシュバックにプラスして企画なのでお得ですよ!
詳しくはこちら
クリック証券限定 420

私が書いたレポートをプレゼント中です。
レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^
詳しくはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXファンダメンタルズ

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.