FXスキャル手法

PIVOTを使ったデイトレ手法

更新日:

現在、私のメインの手法は1分足PIVOTスキャルです。

ですが、
最近またデイトレ的なトレード、
つまり、
スキャルよりは少しポジションを持つ時間が長い
トレードも見直しつつありまして
回数は少ないものの、チャンスがあれば行っています。

そのデイトレ手法で使っているのがPIVOTです。

とはいえ、
よく見るPIVOTとは違い、ボリバンのようなPIVOTとなります。

そのPIVOTをデイトレ手法で使っているのですが
使い方などを書いておこうと思います。


その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


まずは、ボリバンのようなPIVOTについてです。

表示させるとこんな感じになります
PIVOT
チャート⇒FXブロードネット

このボリバンのようなPIVOTはFXブロードネットに搭載されており
簡単に表示することができます。

FXブロードネット

MT4でもできるので、それは後日書いておきますね。


上方向の外側のバンドは HBOP
下方向の外側のバンドは LBOP

内側に表示してるバンドは S1と B1 となります。

S2とB2も表示できますが、
現時点では使っていないので表示してません。

使う時間足なんですが、10分足と15分足が使いやすいと感じてます。

スポンサーリンク

さて、具体的にどう使うのか?ですが、
今回は、手法の概要というか基本的な部分について
触れておきますね。


エントリー方法ですが、
内側のバンドを終値が抜けたらエントリー

利食いは
外側のバンド(HBOP LBOP)にタッチしたら利食い

損切は
反対側の内側のバンドにタッチしたら損切

となります。

PIVOT2
チャート⇒FXブロードネット

注意点としては、冒頭で書いたように
デイトレというか、スキャル寄りのデイトレでして
場合によっては、ポジションを持つ時間が
スキャル的になることも多々あります。

又、デメリットとしては
ボラが小さすぎると損切のルールが適用されるのが
多くなるので、ボラが高い時が良いです。

尚、メリットとしては
長い時間足でこの手法を応用し
スキャルのフィルタリングにも使える
かなと思っています。

この辺りの改善点はありますので、現在検討中です。

とはいえ、基本的なデイトレルールとしては
満足いく結果になっております。

これが何かの参考になれば幸いです。

今後も、この手法については研究してまいりますので
検証結果が出て、もっと良い使い方が出てくれば
こちらで書いてみたいと思います。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m

現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXスキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.