期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

【MT4】上位足のZIGZAGを下位足に表示する方法


今回の内容はリクエストがありました、【上位足のZIAZAGを下位足に表示する方法】についです。

ZIGZAGは色々なシグナル等で使われているインジケーターですし、高値安値を知るタイプのインジケーターはZIGZAGをベースにしたりしてるものも多いです。

ZIGZAGはシンプルながらも使い勝手が良いので、覚えておいてもよいですしね。

上位足のZIGZAGを下位足に表示するには?

今回リクエストがあったのはこんな内容です。

まだ、初心者なのですが、上記の内容のように上位足のパラメーターを下位足のチャートに表示されるにはどうされてるんですか?
色々ググっても分からず初歩的な質問で申し訳ありませんが教えて頂けませんか?

こういったリクエストはうれしいですね。

さて、上位足のパラメーターのZIGZAGを下位足に表示する方法ですが、やり方は簡単です。

以前、こちらの記事で紹介したMTF(マルチタイムフレーム)のZIGZAGを使うことで可能となります。

【MTF】ZIGZAGベースのサポレジインジケーター

上記ページにMTFのZIGZAGのダウンロード先がありますが、せっかくなのでこちらにも用意しておきますね。

こちらを右クリックで保存してください

設定手順

やり方は簡単。

例えば、5分足に1時間足のZIGZAGを表示したい場合は、まず5分足のチャートを開きます。

次に、ZigZagTriad_mtfのパラメーターを設定しましょう。

設定の箇所一番上にTIME FRAMEという個所がありますので、そちらに表示したい時間を入力します。

今回の5分足に1時間足のZIGZAGを表示するという例だと、TIME FRAMEに60と入力します。

尚、各時間足の数値はこのようになります

時間足 入力する数値
1分足 1
5分足 5
15分足 15
30分足 30
1時間足 60
4時間足 240
日足 1440
週足 10080

※上位の時間足を表示できるので、5分足に1分足のZIGZAGを表示することは、このインジケーターではできません。
※15分足に4時間足を表示するとか、そういった使い方をしましょう。

スポンサーリンク

このインジケーターを表示したのがこちらです


→MT4はFXトレード・フィナンシャルを使っています

パラメーターを引き継ぐには?

尚、ZIGZAGのパラメーターを変更すれば、上位足のパラメーターを下位足に表示することもできます。

例えば、1時間足で12・5・3というパラメーターでZIGZAGを表示していたら、上から 60・12・5・3という風に設定して5分足に表示すれば問題ないと思います。

ただし、多少のズレはあると思うのでそのあたりは許容しましょう。

ZIGZAGを表示しない方法も

尚、このインジケーターはパラメーター設定の一番下にSHOW ZIGZAGをいう個所があります。

この個所を trueにすればZIGZAGが表示されますが、faiseにするとZIAZAGは表示されずにサポレジのラインのみが表示されます。

ZIGZAGを使う目的としては、直近の高値安値を知りたくて使うことが多いと思うんですね。

実際私はその目的で使っておりました。

ZIGZAGのラインが表示されなくてもよいという場合は、ここをfalseにするとよいと思います。

私はfalseにして使っています。

ZIGZAGは機能する

あらゆるインジケーターの中でも、とてもシンプルだけど機能するのがこのZIGZAGです。

機能する理由は・・・高値安値だからですね。

高値安値を自動で表示させてしまえば、直感的にチャート分析ができると思います。

「あ、高値ラインが切りあがってるから上昇基調かな」
「この安値ラインをブレイクアウトしたらトレンドが始まるかもしれない」
「高値安値が近いところで更新されてるからレンジかな」

といったように、パッと見ただけで判断ができるようになります。

自分はエントリーのタイミングだけを見計らえばいいので、ある意味楽ちんです。

こういった作業はインジケーターに任せて、トレードに集中しましょう!

今回は、上位の時間足のZIGZAGを下位の時間足に表示する方法と、プラスアルファでした!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ