期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

FX Realize(リアライズ)はビットコイン対応!シグナルを表示すべき理由

FXリアライズはシグナルの良さもあるので気にっているのですが、もう一つ気に入っている点があります。

それが、ビットコイン(仮想通貨)に対応しているという点です。

この記事を書いている2018年11月18日の時点では、2019年に仮想通貨バブルが来ると言われております。

それを抜きにしても、ビットコイン(仮想通貨)を1つの通貨ペアとしてトレードをして、仮想通貨FXを行い稼いでる人も出てきているようです。

FXリアライズはビットコインに対応しているので、そういった点でもメリットがあるのです。

FXリアライズはビットコインに対応

FXリアライズは仮想通貨に対応しているのですが、対応している仮想通貨はビットコインのみ(現状)。

通貨ペアとしては、BTC/USD(ビットコインドル)、BTC/JPY(ビットコイン円)の2種類。

ビットコインは株のようにある程度長いスパンで保有して値上がりを待つ、というイメージが一般的には定着しています。

しかしビットコインをはじめとする有名な仮想通貨は、ある程度ボラティリティが高いので、通常のFXのようにスキャルもできるし、デイトレもしくはスイングでトレードをしていくという形で運用するコトもできます。

一般的には仮想通貨FXと言われていまして、通常のFXと同じように買うだけでなく売ることもでききるというわけです。

ですので、買って上がるのを待つというトレードだけではないのが仮想通貨の現状なんですね。

仮想通貨をトレードする

そこで気になるのが、ビットコインをどうやってトレードすれば良いのか?という点。「仮想通貨だからなにか別のことを考えないと」って思うのが普通ですからね。

じゃあ仮想通貨も通常のFXと同じ手法でいいのか?同じテクニカルを使えば良いのか?シグナルはないのか?という疑問に対しての答えですが、基本的には仮想通貨(ビットコイン)もFXと同じようなトレード手法とテクニカルの利用方法で良いと思います

とはいえ、とはいえです。FXとは違った仮想通貨向きの設定があると私は思うんです。

仮想通貨は土日も動きますからね。

つまり仮想通貨向きのパラメーター設定などがあると思うので、仮想通貨(ビットコイン)に最適化したシグナルがあれば、それを使いたいと思うわけです。

そこでFXリアライズです。

冒頭でも書いたように、FXリアライズはデフォルトの状態でビットコインドル・ビットコイン円に対応しています。

対応していないシグナルを無理やりビットコインで表示している、というわけではありません

ノウハウとして、そしてシグナルとしてビットコインに対応しているのです。

仮想通貨のシグナルは皆無

実は、ビットコインや仮想通貨に対応しているシグナルというのは現在ほぼありません(使えそうなシグナルということです)。

配信サービスは比較的多く見ますね。

スポンサーリンク

○○という仮想通貨を〇〇〜○○で購入しましょう。

といったような内容がメールなどで配信されてくるというタイプのサービスです。

チャート上にシグナルを表示して売買をしていくというシグナルで、使えそうなものを私はほとんどみたことがないのです。

※おそらくこれからたくさん出てくると思います

FXリアライズはというと、FXのドル円やポンド円などと同じようにビットコインドル・ビットコイン円のチャートにシグナルとして表示されます。

ですので、私達にとってはドル円やポンド円などと同じように、ビットコインをトレードできるというわけです。

※ただし、値動きがFX通貨ペアとは違い、仮想通貨独自のニュースや話題で上下に動くのでそのあたりの情報には気をつけたほうが良いでしょう。

どうやってビットコイン(仮想通貨)をトレードするのか?

FXリアライズも買った、MT4も用意した、シグナルも表示できている

という環境になっても、ビットコインをトレードできるようになっていないと、売買ができません。

MT4は国内業者のFXTFでビットコイン円をチャートに表示することができます。しかしトレードはできません。

必須→ FXトレードフィナンシャルの口座開設はこちら

ではどうやってトレードをすればいいのかというと、仮想通貨FXができる業者の口座を開設しなくてはいけません。

口座開設しておくべきなのは、

GMOコイン 
ビットトレード(FXTFが運営)
BITPOINT(本田圭佑さんがイメージキャラクターの会社)

これらを口座開設しておけば、安心安全な仮想通貨のトレードが行なえます。

どの業者も国内業者ですし、大手の会社です。

それと、なぜかわかりませんが、FXの口座開設をするときよりも仮想通貨の口座開設のほうが手順が楽なんです。あっという間です

ですので、とりあえず全て開設しておきましょう。

FXリアライズでビットコインをトレードしてみる

FXリアライズのメリットは仮想通貨(ビットコインドル・ビットコイン円)でシグナルを表示できること。

FXリアライズを持っていれば、今すぐチャートに表示してシグナルを確認することができます。

この記事を書いている2018年11月18日時点では、ビットコインは大底をついたとも言われているので、ここから来年に向けて上昇するという見方もあるそうです。

今のうちに少額で構いませんので、ビットコインに慣れておけば今後バブルが来た時にうまく乗れるのではないかと。

今のうちに、FXリアライズを使ってビットコインに慣れておきましょう!

FXリアライズ 特典付きリンクはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

注目の新FXの業者【LIGHT FX】

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ