期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)は1分足でスキャルできるか試してみた

FlashZoneFX(フラッシュゾーンFXのトレード手法は基本的に時間足は指定されていません。

ある市場心理を利用した手法なので、15分足だけとか、1時間足だけ、とかそういった手法ではないですね。あらゆる時間足に適用できます。

実際に1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足で利用しましたが、適用できました。

日足だけはまだトレードチャンスに遭遇してないのでトレードできていませんが、MT4で表示できる日足以外の時間足ではトレードできました。

FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)のユーザーページで開設されているように、時間足を上げていったほうが一度のトレードで得られる値幅は大きくなります。



1分足のローソク足一つよりも、1時間足のローソク足一つのほうが高値・安値の値幅が大きいのは当たり前のことですしね。

大きい時間足にすればするほど一度のトレードで得られる値幅は大きいですが、チャンスは少なくなります。

トレードチャンスという点でいえば、やはり1分足や5分足を使ったスキャルのほうがチャンスは多くなるわけです。

そこで、FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)を利用した1分足スキャルを試してみました。

つい先ほどトレードしてみたので、それを事例として書いていきますね。

FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)で1分足スキャルの結果

FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)はロング専用のトレード手法なので、1分足でトレードするときは特に上位の時間足のチェックは必須になります。

私は1分足でトレードするときは15分足で方向性などを確認しているので、今回も15分足をチェックしてから1分足でトレードしてみました。

トレードはこちら。通貨ペアはドル円です。

FlashZoneFX1分足

>チャートはFlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)と相性がよいMT4の注文機能を持ってるFXトレード・フィナンシャルのMT4です。

今回FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)を使った1分足スキャルのプラスは約3pipsのプラスでした。

手堅く3pipsという感じで、スキャルピングとしては良い感じだし、スキャルピングらしいトレードでした。

スポンサーリンク

FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)で1分足スキャルをした感想

FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)を利用した1分足スキャルをしてみた感想ですが、値幅はスキャルらしい値幅でしたね。

今回は東京タイムという点と祝日ということもあり、ボラがあまりなかったのも影響して、プラスの値幅は3pipsでした。しかし、スキャルピングらしい値幅だったし、スキャルピングって感じのトレードができました。

今回はドル円で行いましたが、ユーロドルやポンド円など、ある程度ボラがある通貨ペアで行えば、FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)を利用した1分足スキャルでも10pipsほどは狙えるんじゃないかなと思いました。


それと、1分足それ自体でフィルタリングしてトレードチャンスを精査するというのは合わないなと感じています。

というのも、フィルタリングというのは、例えば、「ローソク足が長めの期間の移動平均線よりも上にある状態でストキャスがゴールデンクロスしたら・・・」といった感じになるのが一般的です。

つまり、1分足で方向性を確認してその方向性とオシレーターの方向性が一致したらエントリーという感じになりますね。

しかし、FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)のトレード手法ですと、1分足自体で方向性を確認してからではトレードチャンスが少なく、いや、ほとんどなくなると思うんですよね。なので、15分足や30分足で方向性を確認することが必要になると思います。

FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)のトレード手法で1分足スキャルをするなら上位の時間足での方向性の確認は必須です。

逆に言うと、15分足や30分足で方向性の確認ができれば1分足でのスキャルの勝率は上げられると思いました。

まとめ

今回はドル円の1分足でFlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)のトレード手法を利用してスキャルピングを行ってみました。

結果から言うとプラストレードができました。

15分足で上方向の確認もできたうえでの1分足スキャルだったので、メンタル的にも安心できました。

ただし、とれる値幅はやはりスキャルらしい値幅になります。

もちろんこれからもチャンスがあれば1分足や5分足でFlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)を利用したスキャルを行っていきますが、FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)の利点を最大限活かすのであれば、又、恩恵を受けるのであれば、15分足以上なのかなと思います。

とにかく良い手法です、FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)は。


ちなみに、現在特典つけてます。

かずえモンからの特典は『フィボナッチ数の活用と優位性』のレポートです。FlashZoneFX(フラッシュゾーンFX)をご購入後、インフォトップの購入者ページからダウンロードしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ