期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

1分足PIVOTスキャル・ADXを使う理由

私にとって、欠かせないテクニカルといえばADX。

これは、私が考えるトレードの理論には欠かせないテクニカルなんです。

そのADX、今回の1分足PIVOTスキャルにも使います。

ではどのように使うのか?

その方法と理由を書いてみますね


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ■エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング        ■FC2ブログランキング

いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


【ADXを使う理由 その1】

一つ目の理由は、フィルタリングレポートでも書いたように

ズバリ

フィルタリングを行うためです。

ADXを使ってどのようにフィルタリングを行うか?は
レポートを手にしてくださった方に申し訳ないので
ここでは書きません。

レポートとは?
こちら⇒FXブロードネット
で書かせていただいたレポートです。

ADXでフィルタリングするのは有益だと私は思います。

【ADXを使う理由 その2】

ADXを使う理由なんですが、
その際たる理由が「値動きのリズムを掴むため」です。

これはフィルタリングの一環でもあります。

でですね、私は値動きにはリズムがあると思っています。

そのリズムは主にボラティリティが上がってくるリズムです。

つまり、値動きの強弱のリズム。

これを計るために、ADXを使います。

このスキャル手法は、エントリーする箇所が
ボラが上がるちょっと手前でエントリーすることになります。

で、そのボラがあがるちょっと手前なのかどうか?を判断するのに
ADXを使うのです。

スポンサーリンク

どうやって使うのか?というと、

単純に、ADXが40以下の時にエントリーをするというのが一つの使い方。

もう一つは、20付近で推移しているということ。

これが判断基準となります。

具体例はチャートを見ながらでないと難しいので
トレード結果を今後書いていきます。

その時に、一緒に説明しながら解説していきますね。

とにかく、40以下・20付近 この2つをまずは理解しておけば
リズムがつかめると思います。

さて、PIVOT・ADX・VQを使う目的と利用方法は書いたので
次は一目均衡表の雲とボリバンですね。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m

現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

期間限定企画】

FXブロードネット
 → エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポートプレゼント
 このことを知ってからトレードをしていれば、
 もっと勝率を上げられたのになぁ・・・と思ったことを書いております。

インヴァスト証券【INV@ST「FX24」】

⇒当ブログ限定! 【1000円キャッシュバック】
 
アイネットFX
 → 書籍【一目均衡表の研究】をプレゼント!一目均衡表をマスターしよう!

・為替ライフ

 →MACDの活用方法を書いたレポートをプレゼント!

アイネットFX

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ