期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

1分足PIVOTスキャル・解説

先日から紹介している、これ⇒全スタFX

色々な記事リクエストを頂いています。

全スタFXが注目されてる証拠ですね^^

このリクエストを後日まとめて、私なりにその答えを書いてみようと思います。

さて、今日は1分足PIVOTスキャルの解説です。

どの場面でエントリーし、どの場面でエントリーしないのか?

それを書いてみます。

この記事の最後にちょっとつぶやきアリ(笑


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ■エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング        ■FC2ブログランキング

いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


まずは前回の記事をご覧ください。

1分足PIVOTスキャル・10pips以上狙いのエントリー

10pips以上を狙いにいくエントリーを解説しました。

実際にエントリーした場所です。

その画像がこちら
スキャル
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

基本は、30分足・15分足・5分足のPIVOTが揃ってるところで
ローソク足が5分足のPIVOTの上でエントリーするのがベース。

しかし、それに相当するであろう箇所がいくつかありますよね?

A~Dがそれです。

これを一つずつ解説していきます。

【Aの箇所】

Aの箇所をごらんください。

スキャル
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

30分足・15分足・5分足のPIVOTの上にローソク足が
位置していますし、SMAよりも上にローソク足の終値があります。

基本はこれでエントリーするのですが、
ここではしませんでした。

なぜ?

その下にあるADXを見てください。

ADXが下降してますね?

なので、エントリーしませんでした。

ADXの下降でフィルタリングしたわけです。

どうしてこれでフィルタリングできるのか?は
フィルタリングをまとめたレポートに書かせていただきました。
FXブロードネット

つまり、ここではADXでフィルタリングしてエントリーを見送ったということになります。

【Bの箇所】

スキャル
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

ここはPIVOTの条件も揃っていますし、
SMAの上にローソク足の終値が来たのでエントリーをします。

ADXも下降してる最中ではなく、フラットになってます。

なので、エントリー。

【Cの箇所】

スキャル
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

スポンサーリンク

ここは結果的に損切りになっています。

エントリー条件は揃っています。

PIVOTの位置関係も問題ないですし、ADXもフラットでした。

なので、実際にエントリーしています。

がしかし、エントリー後、VQが下落サインを出しています。

なので、ここは損切りです。

反対方向のVQのサインが出たら即損切り。

損失を最小に抑えるためには、
損失が大きくなりそうな可能性が出た時点で損切りします。

Cのエントリー後の損切りが終わってからしばらくは
PIVOTの位置関係が崩れました。

5分足のPIVOTが15分足のPIVOTの下に位置しています。

なので、エントリーしませんでした。

こういったケースでもエントリーするケースがあるのですが
それは後日書いていきます。

基本はエントリーしません。

そのほうが無駄なエントリーを省けます。

【Dの箇所】

次はDの箇所です。

スキャル
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

Dの四角で囲ってあるところの左端のローソク足が
終わった時点でエントリーをしました。

なぜなら、この足が終わったところで、
5分足のPIVOTが15分足のPIVOTの上に位置したから。

その場合、始値でエントリーをします。

ADXを見ると、上昇しているので自信を持ってエントリーです。

このように、A~Dの各々の箇所で判断することがあります。

基本は、PIVOTの位置関係なのですが
ADXの状況を見たりすることで、エントリーを判断しております。

いかがでしょうか?

なんとなく伝わるかな^^;

このように、PIVOTの位置関係とADXなどのフィルタリングで
エントリーを考えてます。

もちろん相場はレンジになることもありますよね。

その場合、どうするのか? 又、損切りは?利食いは?

それらは次回以降、書いていきますね^^

【つぶやき】

今週はやっと法人化の作業が終わりそうです。

今後のために法人化したので。

今後って?

なるべく今月中にお伝えできるように準備して行きます^^

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク

One Response to “1分足PIVOTスキャル・解説”

  1. 24Option(24オプション) より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして、こんにちは。

    色々検索していたらこちらのサイトにたどり着きました。

    すごく丁寧で初心者にもわかりやすい記事でうれしいです。

    24Optionって、ドル、円とか金、原油とかも取引できるって聞いたのですが

    本当なんでしょうか?!

    損も少なそうだし、少額からできるらしいので興味深々です。

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ