1分足スキャル手法

1分足でPIVOTスキャル・エントリー編

更新日:

さてさて、体調が悪くて更新できなかった
1分足PIVOTスキャルのエントリー編を書いてみます。

そういえば、前に書いた「オプション取引」が活発化しているようです。

ソフトも多くでているようで、かなり人気があるとか。

中でも一番人気が、GMOクリック証券【FXネオ】
GMOクリック証券

仕組みがシンプルです。

このあたりについても後日、情報を書いておきます。

さてエントリー編に参ります。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
■ FX スキャルピング派ランキング  ■エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング        ■FC2ブログランキング

いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


この1分足PIVOTスキャルは、
元々エントリー回数が少ないのを克服するために
開発した手法です。

なので、エントリーの基準になる方法それ自体はすごくシンプルです。

こちらをご覧ください。

1分足
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

これは1分足に以前書いておいた
「SMA 期間 5  移動1  Typical Price」

5分足のPIVOTのみを表示したものです。

で、エントリーですが一目瞭然。

この5分足のpivotとSMAを抜けたらエントリー

というのが基本ルールです。

スポンサーリンク

もちろん、SMAとPIVOTの上ならロング・下ならショートとなります。

理想は、5分がスタートしたときに
SMAとPIVOTの上か下に位置したときが理想です。

そうなると、結構な確率で5~10pipsくらい取れています。

こんな箇所です

1分足2
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

ただし、むやみやたらに
この5分足のPIVOTとSMAでエントリーしているわけではありません。

ある程度のフィルタリングを行います。

予想はできていると思いますが、
15分足・30分足・1時間足・4時間足のPIVOT が一つの判断基準。

もう一つが、ADX。

その他、ボリバンの形や
FXブロードネットとタイアップさせていただいているレポートで
書いたフィルタリングを使いながらエントリーを繰り返します。

特に意識しているのは、30分のPIVOTとADX。

PIVOTに関してですが、全てのPIVOTでエントリーを
判断するのではなく
パターン分析のような意味合いで使うことが多いです。

その時の状況に応じて、
使うフィルタリングやPIVOTのタイムフレームが違いますが
基本は先ほど書いたように、
SMAと5分足のPIVOTを利用してエントリーのキッカケにしています。

この手法に関しては、
そのフィルタリングやPIVOTを使うパターン、
又、一目均衡表の雲などが重要になるのでそちらを今後書いていきますね。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-1分足スキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.