期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

1分足PIVOTスキャル・VQの活用方法

ここのところブログの更新頻度が低くなってます_| ̄|○

実は、あることをしたくて色々動いていまして^^;

で、トレードもして本業もしてってやっていたら疲れが。。。

でもひと段落着いたので、これからガンガン記事投下していきます!!!

10月は気合入っています!!!

スキャル手法シリーズもドンドン書いていかないと
書きたいことがたくさんあって間に合わないぜぃ^^

ということで、今日は1分足PIVOTスキャルのVQの使い方についてです。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ■エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング        ■FC2ブログランキング

いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


1分足スキャルで使うインジケーターの中にVQがあります。

VQって一時期すごくはやったインジケーターで、
これを活用してトレードをしていた人も多数いました。

VQをベースとしたインジケーターもありましたし、
それをこっそり販売していた方もいるそうです。

それはさておき、^^;
1分足スキャルにおけるVQの利用方法についてです。

実は、この1分足スキャル

エントリーしたあとに、VQのシグナルが表示されることが多々あります^^

つまり、VQよりも早い^^

なので、前にも書いたようにエントリーでは使いません。

ではどのように使うのか???

これは警告シグナルとして利用します。

【VQを使う目的】

1分足って、皆さんも経験があると思うんですが
チャンスが多く思えてしまいエントリーの精度が下がり損切りが多くなる
といった事象が考えられます。

損切りが多くなるくらいならまだいいんです。

一回の損失を小さくすれば、最終的な利益は小さくなるけど
大きく負けることはないから。

しかし、スキャルにおいて避けたいのは・・・コツコツドカン。

つまり、ドカンを一番避けたいわけです。

そのドカンになる箇所の代表的な場所が
トレンドの終わりに見ることができる急激な値動きです。

例えばこちらをご覧ください。
VQ
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

仮にa~cの箇所で、3回ほど5pipsを取れたとしましょう。

スポンサーリンク

合計で15pips

で、最後の①で同じようにエントリーをしたとします。

この箇所は、トレンドの短期的な終焉だと思われた可能性が高く
エントリーした後すぐに反対方向に急激に動きました。

この値動きをみて、
「さっきと同じように、すぐに下の方向に戻るだろう」
と考えてたらどうでしょう?

仮に20pips以上の損切りになっとします。

つまり、5pipsを3回とって15pipsにできたのに、
最後一回のトレードで早めの損切りができずに、
マイナス5pipsになってしまいます・・・

VQはボラティリティを考慮したシグナルを表示してくれます。

と同時に考えたいのは、
急激な反発がある箇所は急激にボラが高くなる可能性が高い。

ここでVQがどうなっているか見てみます。

VQ
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

反対方向のシグナルが出ていますね?

つまり、こういった状況を避け、早めに損切りするために、
警告シグナルとして、VQを活用しているのです。

ルールはこう。

エントリーした方向と逆方向のシグナルが出現したら即効で決済

これは徹底しています。

もちろん、VQが反対方向のシグナルを表示したからといって
トレンドが変わる確証はないですし
エントリー下方向に戻る可能性も少なくありません。

しかし、ドカンとなる可能性を少しでも含んでいる箇所を
排除できるのであれば
排除しておいたほうが長期的には有利に働くと考えています。

なので、VQを利用して、そのシグナルを警告シグナルとして
活用しているというわけです。

注意したいのは、これを決済のシグナルにはしていないということ。

しても良いかもしれませんけどね^^

ただ、今回の手法において、
VQのシグナルは警告として利用するシグナルとして活用しています。

ちなみに、バックドラフトも同様に利用しています。

パラメーターは最小にして。

ということで、今回はVQの活用方法についてでした。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Facebookやってます

Twitterやってます

このページの先頭へ