スキャルで勝つコツ

FX鉄板スキャル【戻り売り編】

更新日:

先日書いた、FXバックドラフトの検証結果の記事が思いのほか好評でした^^
FXバックドラフトの検証

頂いたメッセージのなかには
「こういった検証を色々な商材でやってくれるとありがたい」
というご意見もいただきました。

しかし、気になったものを買っているだけなので
その気になったものに関しては
買った理由とそのレビューや検証結果を書いていきますね^^

リクエストの多い全スキャの検証結果も、近日中に書きますのでお楽しみに^^
参考⇒全スキャFXのレビュー

さて今日は私が得意、というか、鉄板のスキャルがあるので
それを紹介してみようと思います^^


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ10位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
⇒ FX人気ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


 

鉄板スキャルを書く前に、一つ書いておきたいことが^^

それは・・・3回という法則です。

例えば、トレンドラインでもいいですし、
移動平均線でもいいですし、単純に値動きでもいいのですが、

3回の山・谷が発生した後に、その反対方向に動く

という法則です。

イメージ的にはこうです

3回

3回、山の頂点を形成した後に、
その方向とは違った方向に動くという法則です。

これは、エリオット波動で語ることができるのですが
単純に3回の頂点ということを覚えておくだけでも役に立つと思います。
⇒エリオット波動解説DVD

ただ、ここで難しいのは
新たな方向に向かうときのタイミングの判断とその3回の頂点の判断です。

トレンドラインを抜けたら新たな方向に向かうのか?
移動平均線なのか?

又、

何を持って3回頂点に達したのか?

を判断する基準です。

スポンサーリンク

こればかりは答えがなく、ケースバイケースではないかと思います。

で、これを利用した私の鉄板スキャルですが、
下記の位置でそれを実行しました

スキャル
チャート⇒【MT4】FXトレード・フィナンシャル

緑の丸が見れると思いますが、ここで3回頂点に達しています。

3回目の頂点に達した後の下落で再度上がることがあれば、
上昇が継続するかなというところですね。

しかし、3回目の頂点を達した後に
トレンドラインを抜けたので、抜けたところでエントリー。

で、このチャートだと消してしまったのですが
フィボナッチの61.8%のところに近い安値のラインの箇所で利食いをしました。

これが私の鉄板スキャルです^^

今回はわかりやすいケースでしたが、通常はもっとわかりにくいですね。

(ちなみに、こういった原理をロジックとして確立しているのが
デイトレンドFXの特典にあるスキャルピング2009のノウハウなんでしょうね。)

しかし、この3回の法則(私が勝手に使ってます)は
個人的にはかなり重要視してるので、常に考えてはいます。

この記事が何かの参考になれば幸いです^-^

ちなみに、上記MT4のチャートに表示してるインジケーターは
FXバックドラフトと、VQというインジケーターです。

VQはブームが去ってしまいましたが、個人的には使えるな~と感じています。
(その昔は相当使っている人が多かったです^^;)

もちろん、VQのシグナルどおりにエントリーをするということはしませんが
参考にはしています^-^

これについても今後書いてみようかな~と思ってます。

FXトレードフィナンシャルのMT4は
時間が日本時間で表示されてるのですごく使い勝手がよいです^^

独自注文機能などアリ⇒FXトレード・フィナンシャル

日本時間を表示するインジを表示しなくて済みますね。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-スキャルで勝つコツ

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.