期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

ポンドドルでやり易い時間

先日、トレード仲間と話してたのですが
そのなかで出てきたのが

「スキャルで稼ぐには通貨ペアの選択も重要だよね」

って

確かにそうですね。

例えば、ドル円。

ドル円は基本的にはそれほどボラがないですね。

ユーロ円で100pipsほどのトレンドが発生しても
ドル円だと40pisほどのトレンドでしかない

なんてこともザラです。

同じ値動きでも、取れる値幅がある程度あったほうが
こまめに取っていくスキャルの場合、
最終的にプラスになる値幅が違うんですよね。

なので、できればスキャルをするなら
ユーロドルやユーロ円などの
ある程度ボラがある通貨ペアのほうが取れる可能性が高くなる。

ただ、ドル円はトレンドが発生すると
コツコツ取りに行きやすいので、
レンジ相場を避ければやりやすい通貨ペアですね。

でですね~、ユーロドルやユーロ円に慣れてきたら
ポンドドルやポンド円もやってみるとよいと思います。

特にポンドドル

ユーロドルよりもボラがあるし
わかりやすい動きをするときがあるので
やりやすい時があります。

スキャルからデイトレに移行してもいいですね^^

スポンサーリンク

でもね、ポンドドルの魅力
トレンドを意識したトレードではなく

瞬発力を活かした超短期スキャルのほうが
やりやすいです^^

ユーロドルが10pips程度の動きのときでも
ポンドドルは20pipsくらい動くこともあります。

それに、おいしいのが
NYタイムが始まる前のロンドンタイム。

17時くらいから21時までは
NY勢はまだ参入していないので落ち着いた相場
です。

ある程度のボラがありつつ、
落ち着いた相場なのでスキャルだと取りやすいです

ユーロドルと似たような動きをしつつ、
ボラがユーロドルよりもあるので
ユーロドルになれてる方は是非やってみてください^^

瞬発力があってスキャルにはいいですよ。

ただし、条件が。

深追いをしないことと、損切りを早くすること

一気に反発することもあるので
とにかく勝ち逃げを意識しましょう。

そうすれば、ポンドドルのスキャルはおいしいです^^

クリック証券【FX】ならポンドドルのスプレッドが
3pipsで固定なのでやり易いですよ^^

月曜日から、17~21時のあいだだけ
ポンドドルをトレード対象にしてみてはいかがでしょうか^^

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

注目の新FXの業者【LIGHT FX】

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ