期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

FXで節目になる価格帯を必ずチェックしよう

ユーロドルが先週、1.19台に突入しました。

金曜日の終値も1.19台で終わってます。

週足の800SMA・月足の200SMAにタッチしてるので
ここをキレイに抜けたら再度下落トレンドが始まりそうです。

さて、今日は私が利食いやエントリーの際に
一つの基準にしている節目を書いてみます^^

その節目を利用してエントリーへの心構えや
利食いのタイミングを計っていますのでそのあたりも含め
書いていきます^^


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
⇒ FX スキャルピング派ランキング ←スキャル派1位を目指してます!
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

これからお話しする内容は
主にユーロドルに当てはまる節目なんですが
他の通貨ペアで1日の変動が100pipsくらいある
通貨ペアだと適用されやすいです。

ただ、基本はユーロドルで考えてください

以前書いたように、80・20の法則ってのがあります。
前回書いたのはこちら→今日のトレード【20・80の法則】

80対20の法則と言っても、パレートの法則じゃないですよ^^
楽して、儲けて、楽しむ 80対20の法則 生活実践篇

単純に、レートに8020がつく価格帯は
勢いがなくなってきたり反発しやすい位置になるっていう法則
です。

80・20よりは強力じゃないけど50もそういう傾向があります。

原理としては、注文が入っている価格帯だから、ですね。

例えば、1.2020や1.2050や1.2080などの価格帯には
損切り注文や逆張りや押し目や、いわゆるオプションバリアなども
入ってる傾向があるそうです。

なので、80・20がつく価格帯は節目と呼ばれてます。

もちろん、1.20や1.19などのジャストのレートも節目になりやすいです。

でね、私自身が主に使ってるのは、80・20なんです。

例えば、下落局面のときにこんなパターンが多いんです。
husime

例として、上記のように1.21~1.20までの推移として考えてみます。

1.21を抜けた後、1.2080でうろうろします。

1.2080を抜けた後は1.2050まで勢いよく下落。

1.2050も節目になるので、1.2050でその勢いが弱くなります。

がしかし、80・20よりかは節目として小さいので
割と簡単に抜けます。

次にの節目は、1.2020。

ここはなかなか抜けずにうろうろする場面になりやすいです。

オーバーシュート気味に
1.2020を抜けたとしても、しばらくレンジになることもあります。

そして、1.2020を抜けた場合
1.20の節目にすぐにぶち当たりまして
勢いはなくなってきます。

スポンサーリンク

で、1.20~1.2020あたりの水準でレンジになる。

こんな動きになることが結構あります。

でね、ここで狙いたいのは80~20の間なんですね。

上昇局面なら20~80の間の上昇
下落局面なら80~20の間の下落

この間はある程度のボラがあれば、素直に動いてくれるし
上手く乗れれば一度のスキャルで30~50pipsくらい取れる

一番素直に動くところですし、
50以外に意識される箇所がないので
スムーズに動きます。

もちろん、勢いがないと
50でうろうろすることがありますが
どちらにしても0~20・0~80の間のような
レンジになりやすい箇所よりはやりやすい

逆に、狙いたくないのは

上昇局面の80~20
下落局面の20~80

の間。

つまり、1.20や1.19などのジャストの価格を中心とした
値動きのとき。

このときってのは
どうしてもレンジになりやすいし、
方向性が見えにくくなります。

我々のように、順張りを中心にやってる場合
一番損を出しやすいのはレンジ相場のときですよね。

ブレイクした!と思ってエントリーしたらダマしで反発・・・

こんな感じで損切りの連続になるってことも多々あると思います。

なので、先ほどの価格帯でのエントリーをさけて
80~20の間でエントリーできれば
スキャルでも割と取れると思います。

なので、20・80っていう価格帯を意識しながら
エントリーや利食いをします

ちょっと能書きが多かったので次回に
これを利用してエントリーや利食いをする
一つの方法というか、意識の仕方ってのを書いてみます

本日からまた相場が始まりますね。

80・20ってのをちょっと意識してみると
違った見方ができるかもしれませんよ^^

ヨシ!今日から20・80がつく価格帯を
ちょっと意識してみるか!と思った方はクリックお願いします^^
FX スキャルピング派ランキング

現在、私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。

レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^

私自身が
FXを始めた当時に知っておきたかった情報です。

詳しくはこちら

スプレッドはドル円0.5銭で安定しています
FXブロードネット

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

注目の新FXの業者【LIGHT FX】

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ