FXトレード日記

今日のトレード【20・80の法則】

更新日:

ロンドンタイムは結構動きましたが
ニューヨークタイムに入ってからあまり動きませんね。

ダウの動きを見てからって感じでしょうか。

23時をすぎてもあまり動かないのもちょっと不気味ですが・・・

さて、今日のトレードです。

20と80の法則についてちょっと書きます^^


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
⇒ FX スキャルピング派ランキング ←スキャル派1位を目指してます!
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

今日は18pipsのプラス

トレード回数は2回

通貨ペアはユーロドルとドル円です。

ドル円で3pipsのマイナストレードがありまして
ユーロドルでは21pipsとれました。

よって、18pipsのプラスです。

たまにはマネパのチャートで見てみましょう^^

ユーロドル・マネパ
マネーパートナーズFX

平均足を表示してます。

チャートをチェックし始めたのが17時40分くらいだったかな。

その時は、1.2421でサポートされて反発をしてるときでした。

で、遅行スパンはローソク足を抜けてるし
10EMAと20EMAの位置関係は売りだったので
もちろんショートで入ることを検討しました。

で、タイミングは1.2418あたりにあったサポートラインを
ブレイクしたところでエントリー。

画像にもありますように、
エンベロープ内でエントリーしています。

で、順調にさげまして、30pipsくらいさげて
その後戻りがあったのでその時に利食い。

よって、21pipsのプラストレードでした。

でね、冒頭でも書いたように
20・80の法則ってのが相場にはあるんだそうです

これはいつだったかな、
書籍かなにかで読んだのですが、内容としては、

スポンサーリンク

レートの .20 .80 の箇所はサポートやレジスタンスに
なりやすいという法則です。

レートの.20.80ってのは例えば

ドル円なら 90.20 とか 90.80 とかです。

ユーロドルなら 1.2420とか 1.2380とかです。

この20と80がつく位置ってのは
ストップが置いてあったりリミットがおいてあることが多いとか。

それと、.50も多いそうですが20・80よりは少ない。

後は、.00 ちょうどの位置ですね。

90.00とか。

ただ、一般的な相場においては20・80が多いんだそうです

今日も、ユーロドルは一度1.2420付近でサポートされて
少し戻してから、1.2420をブレイクし、
1.2400でもたついて、1.2380付近まで下落し
1.2400付近まで戻して、1.2380をブレイクしていきましたね。

このように、20・80っていう位置は意識されやすいんだそうです。

特にユーロドルなどの流動性の高い通貨ペアや
ドル円なんかもそういった法則が当てはまるとか。

これ、意識してみるとトレードのストーリーが描きやすいです^^

でね、この20・80の法則を覚えておくと
ローソク足それ自体がオシレーターみたいにみえてくるので
頭の片隅に入れておくと良いかもしれません^^

ストーリーの描き方みたいなのは今度記事にしますね^^

これからの時間でどれくらい動くのでしょうか(汗

あまり無理せずトレードしていこうと思います。

よし!20・80って位置を明日から意識してみようと
思った方はクリックお願いいたします^^
FX スキャルピング派ランキング

現在、私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。

レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^

私自身が
FXを始めた当時に知っておきたかった情報です。

詳しくはこちら

スプレッドはドル円0.5銭で安定しています
FXブロードネット

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXトレード日記

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.