FXスキャル手法

1分足の平均足で自主トレール

更新日:

今日は私なりの1分足の使い方と自主トレールを書いてみようと思います。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
⇒ FX スキャルピング派ランキング ←スキャル派1位を目指してます!
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

トレール注文ってご存知かと思います。

簡単に言うと、
自分が決めた値幅で逆指値が繰り上がる・繰り下がるって感じ^^

業者の注文機能でトレールを搭載してる業者も
多いので使ってみてください^^

でね、このトレールなんですが
戦略的に自分で上げたり下げたりするってのをやってます

トレール機能を使わずに、
自分でストップを段階的に調整するってことです^^

これをスキャルで行うには平均足と1分足が必要。

まずはこちらをご覧ください
1分足
チャート→FXブロードネット

22時台の1分足でして、平均足を表示しています。

でね、この1分足の平均足を使って自分でトレールをやります。

やり方は簡単です^^

イメージ的にはこう
1分足2

エントリー1でショートしたとしましょう。

ショートだったので、直近の陽線の高値をストップに設定

つまり、ストップは「1-A」

上記画像だと順調に下げてますね。

下げの勢いがなくなって、反対方向の平均足(陽線)が出現します。

ですが、下げのチカラが強いので再度下げましたね?

その時の反対方向の平均足・陽線の高値をストップに変更します

つまり、「1-A」から
1-Bの位置にストップを移動するんです。

その後、下げのチカラが弱くなり、1-Bのストップにかかりました

がしかし、この時点でエントリー1はプラスにはなってますね?

次に、エントリーチャンスが現れエントリー2でショートしたとします。

スポンサーリンク

このときのストップは「2-A」

順調に下げて、先ほどと同じように陽線が現れましたが
再度下げています。

このときに、2-Aのストップを、2-Bに移動させます

この時点で、エントリー2プラスが確定しました

こうやって自分でトレールをやっていくってのも
スキャルには効果的ですよ^^

ちなみに、ロングの場合は逆だと思ってください。

このような自主トレールをやっていると
尻尾は取ることができません。

が、こまめにストップを移動させることで
最低限の利益を守ることができ、損失も抑えることが可能。

こうやって1分足の平均足を使うのも良いと思います^^

是非活用してみてください。

あ、注意点が一つ。

自分が取引をする業者に平均足が搭載されてることが必須

ていうのも、MT4を見ながら取引だけ国内業者とかだと
レートに差がでるんですね。

この自主トレールは、
取引してる業者の正確な高値安値のレートが必要となるので
なるべく取引してる業者に平均足が搭載されてることが重要。

普段はMT4を使っていても、ストップを入れるときは
ちゃんと取引してる業者でレートを確認してください

そうでないと、
意図しないところでストップがかかってしまうことがあります

平均足対応でスプレッドが狭いのは
FXブロードネット(タイアップ企画中)
アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)
クリック証券【FX】(iphoneアプリスタート)

平均足搭載の高機能チャートを用意してる業者は
マネーパートナーズFX(約定力NO1)
GMOクリック証券【FXネオ】(ドテン機能搭載)

とりあえず上記業者ならOK^^

ヨシ!1分足の自主トレールを
明日から試してみよう!と思った方はクリックお願いします^^
FX スキャルピング派ランキング

現在、私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。

レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^

私自身が
FXを始めた当時に知っておきたかった情報です。

詳しくはこちら

スプレッドはドル円0.5銭で安定しています
FXブロードネット

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXスキャル手法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.