FXテクニカルチャート

オシレーターのダマシを回避するには?

更新日:

前回の記事の続きです。

予想以上に反響がありました^^

前回の記事ってのがこれ⇒ RSIのダマシを回避できない理由

で、今日はRSIだけじゃなくて
一般的にオシレーターと言われてるテクニカルの
ダマシ回避方法についてです。


その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


今回取り上げるオシレーターは
所謂、買われすぎ・売られすぎを表現すると
言われているオシレーターについてです。

ストキャスティクス
RSI
RCI

などです。

ADXもオシレーターに入るのですが
買われすぎ・売られすぎ
という表現はあまりしないので外してます。

これらのオシレーターはダマシが発生します。

発生する理由については前回の記事で書きました。

それでも、オシレーターを使う際に
なるべくであればダマシを回避したいものですよね。

いくつか方法があるのですが
タイムフレームを分けるという方法が一つ。

例えば、
1時間足のオシレーターと5分足のオシレーターとを
比較し、一致した時だけ利用するという方法。

例えばこちら
ストキャス
チャートはMT4アルパリジャパン

マルチタイムフレームのストキャスティクスを利用して
5分足のストキャスの下に1時間足のストキャスを表示させたものです。

下段のストキャス(1時間)の方向にだけ、
中段のストキャス(5分)でエントリーをする

スポンサーリンク

こうやって比較しながら使えば
一つのタイムフレームを見ているだけよりも
ダマシ回避できる可能性が高くなります。

これは一般的な回避方法になるんですが
もう一つあるのが
違った意味合いをもつテクニカルとの合わせです。

例えば、

ストキャスティクスとATR
RSIとCCIとか。

つまり、
トレンド系のテクニカルとオシレーターを
両方使うという方法です。

もちろん、これも新しいことではなく
昔からある手法なんですが、結構効果的です。

例えば、CCIとRSIだとこんな感じ。
RSICCI
チャートは⇒GMOクリック証券(スプレッドがさらに縮小されました

ダマシ回避のためにトレンド系テクニカルを利用する場合、
すこしパラメーターを長くするといいと思います。

特に、CCIなんかはパラメーターを14とかじゃなくて
60とかにするといいです。

ADXとかは13とかでもいいと思います。

どちらのダマシ回避方法にも言えることなんですが
二つの異なるテクニカルを併用するコトが
ダマシ回避方法になります。

このような【チャートを比較する】という方法は
有名な書籍にも書いてあります。

逆にいえば、ダマシ回避方法はこれくらいしかありません。

やはり、値動きそれ自体に一貫性がないから
ダマシは必ず発生します。

それを含めて、テクニカルを利用すると
自分なりの手法が完成するかもしれませんね^^

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXテクニカルチャート

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.