FXテクニカルチャート

ローソク足の見方

更新日:

20時35分。

個人的にちょっとトレードするには難しい状況なので
ローソク足について書いておきます。

これも今後紹介する手法というか
メインに手法に合わせた追加事項として大切なので^^

私自身の復習にもなるので書いちゃいます(笑

まずは・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   下落中・・・(涙
⇒ FX人気ブログランキング 
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

FXをしてると、どうしてもテクニカルや
インジケーター、チャートパターンや手法に目がいきがち。

私自身、調子が悪いときは必ずといっていいほど
インジケーターやロジックや法則に頼りすぎていて
基本的なことを見ていない。。。

その基本的なことってのがローソク足

まずはローソク足の見方を再度チェックしてみます。
ローソク足
画像クリックで大きくなります

書籍等でローソク足がどこぞこを抜いたら云々・・・
っていう表現がありますよね。

これって書いてる側と受け取る側で
認識の違いがあると思うんです。

例えば、移動平均線をローソク足が抜けたらっていう
表現があったとします。

このときに下図のAとB、
ローソク足2

どちらだと思いますか?

おそらくどちらも正解だと思うんですよね。

で、ワタクシかずえモン的には
Aで抜けたと判断しちゃうことが多いです、
特にスキャルのときには。

さっきの画像
ローソク足
を見ていただくとわかりますが、
終値って陽線だとローソク足の実体、つまり、箱の上が終値になりますよね

なので、ローソク足が抜けたらっていう表現のときは
ローソク足の終値が抜けてたら抜けてるって
判断するようにしています

終値ですからね。

スポンサーリンク

もちろん考え方や手法によっては
実体それ自体、つまり、ローソク足の実体の下限である
始値も抜けてからのほうが良いケースもあります

一方で、スキャルにおいてはそれだと遅いことも多くなります

例えば、私がやってしまうパターンとして
無駄な損切りがあります。

そのケースってのは大抵・・・

短期的な高値や安値でエントリーする

一時的なドローダウンで「ダメだな」って思って損切り

損切りした瞬間エントリー方向に動く

同じような位置or
それよりも高い位置・低い位置でエントリーする

さっきの損切り分が無駄になってしまい自己嫌悪。。。

ってなります(汗(未だに結構やっちまいます)

つまり、エントリーがスキャルにしては遅すぎたんですね

こんな感じ
ローソク足3
チャートは→ アイネットFX(【当ブログ限定】一目均衡表の研究プレゼント中)

もちろんその他の総合的な判断力も必要になりますが
基本的には先ほどのようなAのローソク足で抜けたと判断してます

そうすると損切りまでの値幅が小さくて済む
利益も少しは増えてくれます。

エントリーしだいでは、
上手く行くと5pipsくらいならローソク足1本で
取れると思っています。

こう考えると、ローソク足ってすご~く使えますよね♪

今私の得意パターンとなりつつある、
すくいあげはこのローソク足のパターンを結構使ってます。

今日のトレードでローソク足の形を意識してみてはいかがですか^^

特に、終値を意識してみると新しい発見があると思います。

是非試してみてくださいね。

期間限定企画

私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。
レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^
詳しくはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXテクニカルチャート

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.