期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

一目均衡表の数値(パラメーター)

今日届きました、スリープトラッカープロ!

これでさらなる早起きを・・・。

朝が非常に弱いのですがこれで早起きできるかな(笑

今日もちょっとコメントを紹介したいと思います^^

おそらくこの件について気になってる方もいるかと思いますので。

その前に管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング   
⇒ FX人気ブログランキング 
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!

----------------ここから--------------------
かずエモンさま
おはようございます、●●●の●です。
ここ数日の戻り・押し目について、ちょうど疑問に思っていたところなので、
わかりやすく非常に助かっています、ありがとうございます!

使用していたチャートが不自由で、FXブロードネットのデモ申し込み、チャートいじっています。
これまた使い勝手がよく、重宝してます。

さて、そのチャートなのですが、遅行スパンの数値って、
いくつを入力されているのでしょうか?
デフォルトの26でOKでしょうか?

21にしてみたりしてますが、ローソク足との位置関係を見るのに、
21と26ではずいぶん感じが違うのはわかるのですが、どちらがいいかよくわかりません。

師匠はどうされてますか?
(以前お返事いただいてからも、ぼちぼちがんばってます。
いただいたお返事、大変励みになりました。ありがとうございました!
こちらから送信した 2通目のメールもゴミ箱入っちゃったかな?)

----------------ここまで--------------------

師匠だなんて恥ずかしいです(笑

師匠と呼ばれるほどのトレーダーじゃないんで
かずエモンさん、程度にしてください(笑

スポンサーリンク

いつか師匠と呼ばれるようにがんばります!

それとメールは返信したのですが
もしかしたら私の手違いがあったかもしれないので
後日再度メール返信させていただきますね^^

さて、一目均衡表のパラメーターについてですね。

一目均衡表の数値は、9・26・52が基本となります。

一目均衡表の数値に関しては、全て哲学的といいますか
フィボナッチのように、人間が無意識に意識する数値を導き出し
それを一目均衡表のパラメーターにしてます。

一目均衡表の本来の使い方をするのであれば
パラメーターはデフォルトの、9・26・52にしましょう^^
(FXブロードネットだと、
 転換線・26  基準線・26 スパン・26 先行スパン2期間・52となると思います)

本来の使い方というのは、例えば転換線と基準線のクロスや
遅行スパンがローソク足を抜けるとか抜けないとかそういった使い方ですね^^

しかし、一目均衡表をアレンジして使う
例えばこちらの記事⇒一目均衡表をカスタマイズして決済を早くする
のように、一目均衡表の雲という、
他にはない独自のテクニカルを利用したりするのであれば
パラメーターをいじっても良いと思います^^

私が使っている一目均衡表の遅行スパンの使い方は
本来の使い方の一つであるので、パラメーターはいじりません。

そうでないときは、パラメーターをいじりますが
一目均衡表になれるまでは、パラメーターはデフォルトでいきましょう^^

一目均衡表は奥が深く、使いこなせれば非常に効果的なので
一目均衡表を使いこなせるように、私も日々勉強してます^^

いつかはマスターしたいものですね^-^

私が書いたレポートをプレゼント中です。
レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^
詳しくはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

注目の新FXの業者【LIGHT FX】

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ