期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

一目均衡表の時間論でシナリオを立てる

先日も書いた、一目均衡表の時間論。

これはいいですねぇ~^^

まだまだ使いこなしているとは言えませんが
なかなか良い感じです。

今日もその時間論を私なりに利用してトレードしてみたので
それを書いてみますね。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ10位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


 

時間論を使ってチャートをみていますが、
とりあえず現時点で利用してるのは2通り。

A・直近の高値安値からスタート
B・一目均衡表の基準線と転換線がクロスしたところでスタート

この2つで検証してみています。

あ、もちろんメインの手法でトレードもしていますよ^^

その2つの利用方法をユーロ円で当てはめてみました。

まずはAパターンを利用したものがこちら
高値安値
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

基本的には、9と26が重要な位置としてみています。

26期間は一期と呼ばれてますので、
とりあえず第一段階の流れが弱まる位置としてみています。

9は押し目・戻り目などの判断としてみています。

で、上記のチャート。

直近の高値をスタート地点として設定してみました。

9本目付近で一旦動きが弱まってますね。

なので、この辺りでエントリーを検討してみてもよさそうです。

17本目付近で利食いができるように、考えてみるのも一つのシナリオです。

でも、26本目付近でこの流れが弱まるor終わる可能性がある
と考えれば、9本目付近からエントリーして、
26本目付近を目指すのも良いかと思います。

実際は、32本目で直近の安値をつけたので
33本目まで引っ張っても良さそうですが、
スキャルとして考えれば、
26本目付近の下げで一旦決済をしたほうが安全かと思います。

こうやってみてみると、やはり26本目付近は注目したい位置ですね。

次に見ていたのが、転換線と基準線がクロスした位置から
スタートしたパターン

スポンサーリンク

基準・転換
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

これで考えると、転換線と基準線がクロスした時点でエントリーをし、
9本目で決済。

17本目の手前でエントリーをし、26本目付近をターゲットに決済をする。

そんなシナリオも可能かと思います。

この2つのパターンをみると、
どちらにも優位性があるようにみえます。

で、利用方法として考えられるのは
一目均衡表が示すシグナルでエントリーした場合は、
9本目で決済をしたほうが確実性がある
と考えられるのではないかと思います。

直近の高値安値を起点として利用する方法としては
9本目までエントリーを待って、
その9本目付近の状態でエントリーを検討する
という使い方が良さそうです。

現時点では、このような感じで利用できそうです。

色々な通貨ペア・時間足で当てはめてみていますが
この時間論はかなりの確立である種の節目になるように思えます。

もちろん、この手の理論は
使う人によって利用方法が違うし、
どうにでもこじつけることが可能です。

そういった面では、移動平均線も同じですよね。

常に、何かしらの移動平均線がサポート・レジスタンスになっている
という事象と同じかと。

なので、この時間論も使う側によって利用方法などが
違うかもしれませんが、
一つの武器として頭の片隅に入れておいても良さそうです。

私としては、かなり手ごたえを感じているので
今後もメインの手法への適用や
FXバックドラフトを利用したトレードプランなどで
利用してみようと思います。

も・ち・ろ・ん

それらで得た経験はこのブログで公開しますね^^

尚、時間論について詳しく解説している書籍【一目均衡表の研究】を
アイネットFXとのタイアップで
プレゼントキャンペーンを当ブログ限定で行ってます

アイネットFX(一目均衡表の研究プレゼント中)

もし手にされてなかったら利用してみてください。

又、amazonでも売っていますので
アイネットFXに口座をお持ちの方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?

一目均衡表の研究

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ