期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

海外EA・LMT Forex Formulaを使ってみる

先日も書いた、海外EAのLMT Forex Formula

まあ、正確にはEAではなく、シグナル配信のほうが合ってるかもしれませんね。

基本的な仕様としましては、4時間足か日足のどちらかにシグナルが表示され、それと一緒にリミットとストップが表示されるので、その通りにトレードするようになっています。

LMT Forex Formulaの基本的な使い方としては、4時間足でトレードするなら4時間ごとにチャートをチェック(メール配信も可能)し、その都度シグナルが出てればトレードし、出てなければトレードしないという使い方です。

対応している通貨ペアはEUR/USD ・GBP/USD ・NZD/USD ・AUD/USD ・USD/CHF ・USD/CAD ・USD/JPY ・EUR/JPY ・GBP/JPY ・AUD/JPY・ EUR/CAD ・EUR/GBP の12通貨ペアとなっています。

EAのなかでは、対応通貨ペアが多いほうではないでしょうか。(半EAだからかな?)

このLMT Forex Formula、個人的には気に入ってるのですが、デメリットがありまして、トレードチャンスが少ないんです。。。

なので、その辺りを改善すべく、私なりの使い方を考察していきます。まず今日はその第一弾です。

その前に管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング  今何位?
⇒ FX人気ブログランキング  
いつも応援ありがとうございますm(_ _)m本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!

LMT Forex Formulaはトレードチャンスが少ないので、スキャルをトレードスタイルにしている我々としては、ちょっと物足りません。

ですので、スキャルに応用すべく現在考察しています。

それで、現時点で効果的だなと感じてることをまずは書いておきます。

LMT Forex Formulaを応用する場合考えたいのが2つの時間足を比較するということです。

基本的なロジックとしては、日足と4時間足のトレンドが一致してることが最低限の条件

その上で、シグナルを表示していると思われます。

LMT Forex Formulaを通常のスキャルに応用する場合、この時間足の比較がポイントかなと。

LMT Forex Formulaの基本は日足と4時間足。日足から見て4時間足は6分の1。

つまり、比較する時間足が最低限6倍になることが前提かと。

1分足でやってみたのですが、今のところそれほど上手くハマってないです。1分足の6倍の時間足となると、6分足となってしまい、通常の時間足には6分足はないので、時間足の比較ができないので、上手くハマらなかったのかもしれないです。

そこで、一般的に使われる時間足で考えてみると、5分足と30分足の組み合わせ・10分足と1時間足の組み合わせが妥当かと。イレギュラーだと、20分足と2時間足でしょうか。

スポンサーリンク

しかしMTだと、10分足と20分足はデフォルトで装備されておらず、インジケーター等を入れないと表示されません

ですので、4時間足と日足の組み合わせ以外だと、5分足と30分足の組み合わせとなります。

そこで、LMT Forex Formulaでセットアップされるインジケーターとその使い方と方向が、5分足と30分足で一致した場合に、エントリーするようにしております。

現段階では、この組み合わせでLMT Forex Formulaのロジックを活用した場合に、良い成果となっています。

とりあえず今日はここまでにしておきますね^^

今日のポイントは、5分足と30分足の組み合わせにする、でした。

次回は、エントリーの例などを書いてみます。

LMT Forex Formulaの購入方法はこちらの記事の下のほうに書いてあります。

メタトレーダー4はODL JAPAN121証券がオススメです。

ODL JAPANは50万円の入金でスキャルに適したスプレッドになるのですが、そこまでの資金は投入できないという方はそのままのスプレッドで利用するか、121証券を利用するか、チャートだけ利用して、とりあえず50万稼げるまでスプレッドが小さい業者で試してみてもよいかと。

FXブロードネットクリック証券なら、注文画面が別窓で開くので、チャートだけMTというのも可能です。

検証してみたいのであれば、スプレッドが小さくて1000通貨単位の業者がオススメ。

FXブロードネットなら1000通貨のコースがあります(ドル円0.5銭~・当ブログ限定特典アリ・5000円キャッシュバック)

MJも1000通貨を始めています。(ドル円0.8銭以下・8000円キャッシュバック)

EMCOM証券は1000通貨を始めます。(ドル円0.7銭固定・10000円キャッシュバック・みんなのSNSが好評)

ですので、これらと組み合わせてメタトレーダーを使ってみるのもありだと思います。

【当ブログ限定のお得情報】

当ブログ限定のログインだけで2000円キャッシュバックです。期限は今月末まで!お早めに^^
既存のキャッシュバックにプラスしての企画なのでお得ですよ!
詳しくはこちら
クリック証券限定 420

私が書いたレポートをプレゼント中です。
レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^
詳しくはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ