スキャルで勝つコツ

【FX】ボラが小さくトレンドがない状態が続くときは

更新日:

おそらく多くのトレーダーが感じてることだと思うのですが、
2月後半あたりからボラが低下しています。

特に、ドル円。

それに、トレンドらしいトレンドもなく、トレードがしやすい状況とは言えません。

3月の相場では、成績が良いトレーダーも成績を落としたという噂もチラホラと聞いています。

4月も決してトレードしやすい状況とは言えませんでした。

5月はやっとユーロドルが下落基調になったので、2月や3月のような状況ではなかったのが幸いって感じ。

しかし、ドル円は相変わらずでボラが低下していますね。

下を目指すと思いきや、一気に回復したり。

こういう状況になると、正直言って・・・

自分の手法を疑いたくなる

わけです。

私がFXを始めた頃にも、こういった相場がありまして、そのたびに

自分の手法を責める

といったことをしていました。

数年間という経験がそれを治してくれて、今では、

「こういう時もあるよね」

「手法が悪いんじゃないから、きちんと手法を記録しよう」

スポンサーリンク

「こういった相場用の手法があってもいいんじゃない?」

という風に考えられるようになりました。

まあ、こういった風に考えられるようになるまでは、それなりに資金を溶かした経験があるわけですが・・・。

でね、こういった相場の時でも、必ずといっていいほど機能するのが、

サポート&レジスタンス

なんです。

トレンドラインじゃなくて、水平線のほうです。

どんなにボラが低下していても、トレンドが無くても、価格帯というのは、必ず意識されてるんだなと痛感するわけです。

じゃあ、どういうふうにサポレジのラインを使うのか?がポイントになると思います。

ブレイクアウト狙いなのか?
ターゲットにするのか?

そのあたりの使い方は相場の状況に応じたり、自分の考えとかによると思うんですね。

でも、やっぱりサポレジってのは機能します。

オシレーターも、トレンド系のテクニカルも、インジケーターも大好きですが、それに加えて、価格帯というのを意識し始めた時から、無駄なトレードが減ったように思えます。

現状、トレードがしにくい相場ではありますが、良い機会だと思って、自分の手法や成績、考えなどを整理するのもよいかもしれませんね。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-スキャルで勝つコツ

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.