FX初心者でもできる上達法

FXの経済指標スキャルのエントリーについて

更新日:

前回の記事の続きを書きます。

テーマは指標スキャルです

前回の記事はこれ

FXの経済指標スキャルはどうする?

ちなみに、なぜこのテーマで記事を書いているかというと
指標スキャル手法が形になってきており、
比較的勝率が良いことから、このテーマについて書いています。

では、本題に^^

その前に・・・管理人からのお願いです。

不正なしでブログランキングに参加してます!

応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!

前回の続きです。

指標スキャルをするケースとして、
あらかじめエントリーをしておくというケースがあると
書きました。

そこで問題なのが 方向性 です。

どの方向でエントリーしておくべきなのか?

指標って面白いもので、同じ指標・同じ結果だとしても、
方向性が変わることがあります。

例えば、ある指標で結果が予想より悪かったとしても

ある月は上昇し、ある月は下落する

こんなことが結構あります。

なので、指標の結果を想定してエントリーしておくというのは、私としてはやってません。

では、どうやって判断しているのかというと、

・直前の流れ(1時間以内)
・指標発表の5分前の方向

スポンサーリンク

で決めています。

直前の流れというのは、

5分足をベースとしたチャートでトレンドができているかどうか?

を見ています。

指標発表の5分前の方向というのは、1分足で指標発表の時間から5本の足を見ます。

で、基本的な考え方としては

5分足ベースのチャートで

・方向性があるのか?
・トレンドなのか?
・レンジなのか?

をまずはチェックします。

方向性があれば、基本はその方向でエントリーを試みます。

もし方向性がない場合、つまり、レンジの場合は、事前にエントリーをするという指標スキャルは行いません。

つまり、

5分足ベースのチャートにおける方向性とトレンドの有無と直前5分間の方向が一致していればエントリをしておく

ということになります。

結構シンプルですよね^^

でも、このエントリー方法だと、あまり値幅を取れないケースがあります。

瞬時に数pips取る指標スキャルの場合、直前がレンジのほうが取れるケースがあるんです。

それについては次回以降書いていきます。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。 かずえモンFXメルマガ

-FX初心者でもできる上達法

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.