期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

FXの経済指標スキャルのエントリーについて

前回の記事の続きを書きます。

テーマは指標スキャルです

前回の記事はこれ

FXの経済指標スキャルはどうする?

ちなみに、なぜこのテーマで記事を書いているかというと
指標スキャル手法が形になってきており、
比較的勝率が良いことから、このテーマについて書いています。

では、本題に^^

その前に・・・管理人からのお願いです。

不正なしでブログランキングに参加してます!

応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!

前回の続きです。

指標スキャルをするケースとして、
あらかじめエントリーをしておくというケースがあると
書きました。

そこで問題なのが 方向性 です。

どの方向でエントリーしておくべきなのか?

指標って面白いもので、同じ指標・同じ結果だとしても、
方向性が変わることがあります。

例えば、ある指標で結果が予想より悪かったとしても

ある月は上昇し、ある月は下落する

こんなことが結構あります。

なので、指標の結果を想定してエントリーしておくというのは、私としてはやってません。

では、どうやって判断しているのかというと、

・直前の流れ(1時間以内)
・指標発表の5分前の方向

で決めています。

スポンサーリンク

直前の流れというのは、

5分足をベースとしたチャートでトレンドができているかどうか?

を見ています。

指標発表の5分前の方向というのは、1分足で指標発表の時間から5本の足を見ます。

で、基本的な考え方としては

5分足ベースのチャートで

・方向性があるのか?
・トレンドなのか?
・レンジなのか?

をまずはチェックします。

方向性があれば、基本はその方向でエントリーを試みます。

もし方向性がない場合、つまり、レンジの場合は、事前にエントリーをするという指標スキャルは行いません。

つまり、

5分足ベースのチャートにおける方向性とトレンドの有無と直前5分間の方向が一致していればエントリをしておく

ということになります。

結構シンプルですよね^^

でも、このエントリー方法だと、あまり値幅を取れないケースがあります。

瞬時に数pips取る指標スキャルの場合、直前がレンジのほうが取れるケースがあるんです。

それについては次回以降書いていきます。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ