期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

【FX】ドテン売買は有効なスキャルテクニック

ドテン

皆さんもご存知のように、
ドテンはスキャルにおいて有効なテクニックの一つ

私自身は、レンジ相場の時に
1分足を使ってユーロ円でスキャルをするのですが
その時に、活用してるのがドテン

そのドテンについて私の方法を書いてみます^^

まずは・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪
⇒ FX スキャルピング派ランキング ←スキャル派1位を目指してます!
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

ドテンってどんなテクニックなのかというと、

一般的には、決済と同時にエントリーすること

ですよね。

これの威力を発揮するのがレンジ相場
反発&反落のV字になるとき。

ユーロ円・1分足のレンジ・平均足
レンジ

ドル円・5分足のV字・平均足
V字

上記二つとも、
白の四角で囲ったところがドテンの箇所ですね。

このドテンは上記のような、
レンジ・V字のときに活用することで威力を発揮します。

特に活用しやすいのが、レンジ。

スポンサーリンク

パラボリックと平均足を活用し、ドテンを行います

パラボリックは元々はドテンシグナル。

ラボリックと平均足が一致したときにエントリーし、
反対方向のサインがパラボリックと平均足ででたらドテン。

この繰り返しで、1分足スキャルは可能。

こんな感じのチャートです
レンジ2

パラボリックは英語表記だとParabolic SARと明記しまして、
SARというのは、Stop And Reverse という略になります。

つまり、ドテンなんです。

ドテンシグナルとしてパラボリックはあるわけですね

それを活用し、ドテンをしていけば1分足スキャルも可能。

もちろん、フィルタリングは必要ですが
基本的には、パラボリック・平均足を使ってればスキャルは可能です。

で、ここで重要となるのがドテンが可能な注文機能なんです。

私はドテンをするようなスキャルをするときは、
クリック証券【FX】スピード注文を必ず使います

これがないと、ドテンを繰り返すのが苦痛です。

クリックFX
スピード注文→クリック証券【FX】

このスピード注文は、

エントリー→決済→エントリー

を上記注文画面上で繰り返せるんです。

詳しい解説はこちら⇒クリック証券【FX】

パラボリックを使って、1分足スキャルをするときは
必ずこのスピード注文を使います。

これがないと、チャンス逃しちゃうんです・・・

それに、1分足スキャルをするときは
そこそこのボラがあるユーロ円で主にやるので
クリック証券【FX】ユーロ円のスプレッド1.8銭で固定はすごく有利

もしパラボリックを使ったドテンスキャルをするのであれば
スピード注文を活用してみてください^^

チャンス、取りこぼさないですよ^^

クリックFXはキャッシュバックもやってます
詳しくは→クリック証券【FX】

クリック証券

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

ビットコインならJ-BITS

200x200
ビットコインならJBITSがオススメです。先駆者利益を出すには、今すぐ取り組むべき。私も取り組んでいます。

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ