FXテクニカルチャート

PIVOTで流れを判断するには?

更新日:

ユーロドルは1.320を抜けずに、反発しましたね。

さすがに、1.31台にはいかなかったか。

今年中に1.30を抜けるのかどうか、気になるところです。

さて今日は、私がPIVOTを使っている理由というか
こうやって見てみると、PIVOTでも流れがわかりやすいですよっていう
のを書いてみたいと思います。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


1分足PIVOTスキャルでは、30分・15分・5分のPIVOTを主に見ています。

重要度で言うと、30分>5分>15分

これはエントリーに関しての重要度として私なりに設定しています。

こうやって見てみると15分足のPIVOTはいらないんじゃないか?と
思われがちですがそんなことないんです。

30分足と5分足のPIVOTはいわばエントリーのタイミングに関して重要としていまして、
15分足のPIVOTは1分足においての、相場の流れを見るのに必要と考えています。

これを見てください
1
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

これは、1分足に15分足のPIVOTのラインを
階段のように繋げて表示できるインジを表示したものです。

こうやって見てみると、流れの分岐点というかが見えてきませんか?

そしてこれが1分足に30分足のPIVOTを表示したもの
2
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

15分足と比べると大きな流れが見えてきますね。

ただ、15分足のほうが細かいサポートとして機能しているように思えます。

そしてこれが5分足
3
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

サポートやレジスタンスとして機能しているものの
流れを見るにはちょっと細かすぎますね。

しかし、エントリーのタイミングを計るにはよいかなと思います。

スポンサーリンク

ちょっと話がそれました。。。

さて、ここでPIVOTでどうやって流れを判断するのか?について書いてみます。

こちらをご覧ください

これは、15分足のPIVOTと30分足のPIVOTを表示したものです。
4
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

ここで見てもらいたいのは赤い丸で記したところ。

15分足が30分足よりも上にあればロング
15分足が30分足よりも下にあればショート

いかがでしょうか?

なんだか流れが見やすいと思いませんか^^

でも注意したいのは、左にある水色の丸のところ

ここは
30分のPIVOTが15分のPIVOTの下にあるからロングなんだけど
実際は下に下がってます。

こういうときは何かの前兆だと私は考えてます。

方向が変わるところとかそういう感じで。

いかがでしょうか?

PIVOTはパラメーターをいじる必要がありません。

どの時間足のPIVOTを表示するか?だけを選びます。

なので、パラメーターで悩む必要がない。

PIVOTを好きな理由はそこなんです^^

PIVOTを活用してみてもよいかもしれませんね。
いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXテクニカルチャート

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.