期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

一目均衡表の基準線の使い方

最近、ありがたいことに
ご質問やリクエストのメッセージをいただきます。

しかし・・・

申し訳ないことに全てに返信できておりません。。。

本業とトレードの合間にチェックして
返信を随時行っているのですが、どうしても追いつきません。。。

まだ返信されてない頂いたメッセージ等は返信しますので
今しばらくお待ちいただければと思います。

さて今日は、一目均衡表の基準線について書いていきます。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ10位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


 

一目均衡表の基準線は
サポート・レジスタンスとしても機能しますよね。

又、転換線との位置関係から方向性も見ることができます。

以前、ある海外のレポート(翻訳されたものです)を読んだときに
基準線に注目してトレードしていると書いてありました。
(そのレポートがどれか?は忘れましたが・・・)

で、その基準線ですが、一つ代表的な利用方法として
基準線の傾きによってトレードプランを考えるという使い方があります。

利用方法は簡単で、

・基準線に傾きがあればトレンド相場or方向性がある
・基準線が横ばいならばレンジ相場or方向性がない

と判断します。

移動平均線も同じように利用することができますが、
移動平均線は平滑されているので
傾きがわかりにくいというデメリットもあります。

ならば、ということで
基準線が傾いたときに順張りでスキャルすればいいのでは?
という議論を数年前に友人としたことがありまして、
検証をしました。

検証したのは5分足。

つまり、5分足の基準線が傾いた方向についていく
という方法です。

しかし、その結果は良いものではありませんでした。

というのも、5分足の基準線が傾いたときには
<時すでに遅し>という状況になることが多かったのです。

もちろん、その基準線の傾きでエントリーをして
上手く行ったこともありました。

スポンサーリンク

しかし、全体のボラが関係しておりまして、
ボラが高くないとき&トレンド性がないときに
それを行うと、エントリーしたら反対方向に動く
ということになってしまったのです。

ボラがあるときはすごく機能しましたけどね^^

でね、これだけみると基準線使えないじゃないか!と
思うと思うんですが、そうじゃないんです。

長い時間足の基準線を見るんです。

長い時間足で

・基準線に傾きがあればトレンド相場or方向性がある
・基準線が横ばいならばレンジ相場or方向性がない

を実行し、エントリーに活かします。

こちらをご覧ください
ポンド円
※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定上乗せキャッシュバック有)

上記はポンド円の1時間足です。

白の四角で囲ってあるところは基準線に傾きがあるところで
黄色で囲ってあるところは傾きがないところです。

どうするかというと、
1時間足の基準線に傾きが出ている状態で
5分足や1分足を利用して順張りのスキャルをしていく
という使い方です。

逆に言えば、1時間足の基準線がフラットな状態の場合、
オシレーターなどを利用したトレードを行う
という判断もできます。

つまり、5分足の基準線の傾きでエントリーを行うのではなく
1時間足の基準線の傾きが出ている状態のときのみトレードをする
という利用方法も価値があると思うわけです。

もちろん4時間足や8時間足や日足の基準線で
それを行うのも良いと思います。

スキャルであれば、1時間足を見てもいいのかなというのが
私の意見です。

このように基準線は「基準」というだけあって
色々な判断ができるのではないかと思うわけです^^

一目均衡表は深いですね^^

一目均衡表については書籍「一目均衡表の研究
」が一番わかりやすいです。

上記書籍をプレゼントしてるキャンペーンを
当ブログ限定で行ってますので、よかったらご利用ください
アイネットFX
いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

  

スポンサーリンク

One Response to “一目均衡表の基準線の使い方”

  1. 坂田利夫 より:

    SECRET: 0
    PASS: b393d0eb33996dce6e1136055dd21669
    チャート画像の、ちょうど中央あたり、両脇が白の囲いになっていて、囲いがないところがありますが、この部分は、基準線が横ばい(レンジ相場or方向性がない?)で、黄色で囲うべき箇所ではないのでしょうか?

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

注目の新FXの業者【LIGHT FX】

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ