期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

一目均衡表の雲&ストキャスティクス

先週が結構小動きだったこともあるせいか今週は動きそうな感じですね。

小動きってずっと続くことは少なく、

大き目な値動きの前兆でもあるんですよね。

今週はわかりやすい動きになってもらいたいものですが

クロス円はどうでしょうか・・・。

ユーロドル・ポンドドル・ユーロポンドあたりがやりやすいかもしれません。

ちなみにこの記事を書くちょっと前に

ユーロポンドで12pipsゲットしました^^
(ユーロポンドのスプレッド0.8~1pips⇒アイネットFX

さて、今日は一目均衡表の雲とストキャスティクスについて

書いてみようと思います。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ25位以内!
⇒ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

この記事に関しては、ちょっと長くなりそうなので

2回に分けますね。今回は能書き編です(笑

まず、一目均衡表の雲について。

スポンサーリンク

一目均衡表の雲は、言わずと知れたテクニカル。

雲がサポートになったり、

雲の中に入っていれば小動きになったり、

雲抜けするとトレンドが発生したり

トレードの役に立つ情報を雲ひとつで教えてくれます。

一般的に、一番注目されているのが雲抜けでしょうか。

この雲抜けが発生したあとは

1分足だろうが、5分足だろうが、大小のトレンドが発生するケース

多いです。

なので、注目されてるわけですね。

順張り派としては、気になるテクニカルでしょう。

その雲抜け、

皆さんも経験があると思いますが、

雲抜けしたところが俗に言うダマシで、すぐに雲に戻ってしまうとか

雲抜けするかしないかのところでエントリーをして

抜けずにサポート・レジスタンスになってしまった

ということもあると思うんです。

つまり、

雲抜けをする可能性が高いのか?

雲抜けをしない可能性のほうが高いのか?

又は、

この雲抜けはダマシではないだろうか?

という部分をなんとなく自分で判断できれば

一目均衡表の雲を有利に使いこなせるかと思われます。

そこで、あわせて使いたいのがストキャスティクス

正直なことを言えば、RSIでもいいしCCIでもいいと思います。

ただ、ここはシンプルに考えたいのでストキャスティクスで考えます。

使い方としては、

雲抜けしそうなときに、ストキャスティクスがどういう状態なのか?

を見るということになります。

ストキャスティクスは、

一般的に80以上で買われすぎ・20以下で売られすぎ

ゴールデンクロスで買い・デッドクロスで売り

と判断しますね。

そこで、雲を抜けるちょっと手前で

ストキャスティクスがどういう状態なのかをチェックします。

例えば、雲がサポートになっているとしましょう。

つまり、雲抜けすると下落するケース。

この雲抜けをするかしないかときに、

・デッドクロスをした

・80より上から下に向かっている

という状態だと、雲抜けする可能性が高くなる

と判断します。

逆に、雲抜けするかしないかのときに

・ゴールデンクロスをしそうorした

・20より下に位置しているor20から上に向かっている

という状況だと、雲抜けの可能性が低い と考えます。

というように、雲に近い状態のときに

ストキャスティクスがどういう状態なのか?を見て

雲抜けの可能性が高いのかそうでないのかを判断 って

ことです^^

又、雲抜けがダマシなのかを判断するにも使えます。

下落方向の雲抜けをした後すぐに

・ゴールデンクロスをした

・20以下に位置していた

などというケースの場合、雲抜けがダマシになったか

雲の下限値まであげて、そこがレジスタンスになったか

どうかを判断してからのエントリーのほうが

勝率を上げられると考えてます。

こんな感じで使ってみてもよいかなと^^

ま、これは、

以前某業者さんとタイアップしていただいたときに書いたレポートで

ブレイクアウトをしたかしないか?を判断する方法

で書いたことと似ています^^

そんな感じで、今日は能書きでした(笑

次回はチャートなどを使って、

もう少し突っ込んだ話をしてみたいと思います。

下記をクリックすると幸運が訪れる?
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
っていう噂はありませんが、
応援クリックおねがいいたします。

クリックしてくれる方が少なくなってるのでちょっと寂しい・・・

期間限定企画】

FXブロードネット
 → エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポートプレゼント
 このことを知ってからトレードをしていれば、
 もっと勝率を上げられたのになぁ・・・と思ったことを書いております。

インヴァスト証券

⇒当ブログ限定! 【1000円キャッシュバック】

 手数料200枚まで無料 200枚後手数料20円
 入金と取引で3万円キャッシュバック
  
アイネットFX
 → 書籍【一目均衡表の研究】をプレゼント!一目均衡表をマスターしよう!

三田証券
 → 私が実践中のデイトレ手法レポートをプレゼント
   シンプルで損切りが小さいルールです。

サクソバンク
 
 → 「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版有料会員コンテンツ」を
  6ヶ月分無料でプレゼント(約10,000円相当!!)詳しくは↓のバナーを
  クリック

 

アイネットFX


 
FC2ノウハウ

スポンサーリンク

One Response to “一目均衡表の雲&ストキャスティクス”

  1. pipdealer より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ロジックが合わない感じです。ストキャスティック自体に支持線・抵抗線を抜けるかどうかは分からないですから、単に買われすぎ・売られすぎの判断を節目となるラインで確認するという作業はあまり意味がない感じです。雲は曖昧な支持線・抵抗線のゾーンとして捉えてますからむしろより正確な支持線・抵抗線を捉えて尚且つ1分足でのライブ観察がよさそうだと個人的に思いますが、いかかでしょう?

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


カテゴリー

このページの先頭へ