スキャルで勝つコツ

FXのボラティリティの高さ

更新日:

昨日、月曜日はトレードしませんでした。

私のトレード履歴を見てみたところ、
月曜日の成績があまり良くないので昨日は慎重にトレードしようと
思ったら・・・

トレードしなかった_| ̄|○

さて今日は、FXにおけるボラティリティについて
私なりの考えを書いてみようと思います。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです
全て別窓で開きますので^^
⇒ FX スキャルピング派ランキング ← 今何位?
⇒ FX人気ブログランキング めざせ10位以内!
⇒ FC2ブログランキング
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
いつもクリックありがとうございます!
本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


 

ボラティリティが高いときのほうが、
当然のことながら、取れる値幅が大きくなります。

トレンド性がある・なしに関わらず、
一つの時間に対する値幅が大きいわけですから、
スキャルでも、デイトレでも、ボラがあったほうが
有利といえば有利です。

例えば、5pips取れる箇所があったとします。

そこで、ボラがある状態で
その5pips取れる箇所があらわれた場合、
10pips取れるかもしれません。

ま、そんなことを考えなくても、
ボラがあったほうが、トレードをする我々としたら有利です。

しかし、このボラというのは不確かなもの。

エントリーしてからボラが上がるときもあれば、
ボラが高いときに、エントリーしたらボラが低くなった

なとどいうことも多々あります。

なので、我々ができることといえば、
ボラが高くなってきたのを確認してエントリーを検討する
ほうがより安全なエントリーになるかもしれません。

そのために、ADXやATRを利用して
「ボラが上がってきたな」というのを視覚的に判断し
エントリーの判断をするしかないのかなと。

スポンサーリンク

でもね、こればかりやっていると
エントリーチャンスが極端に減ってしまいます。

じゃあ、どうすればいいのか?

・ボラが高くなりそうな時間帯を把握する
・ボラという概念をエントリーの根拠にしない
・ボラが上がるのを待つ

こういったことになるのかなと思っています。

では、具体的にどうして行くのか?という部分に関しては
次回以降書いてみますね^^

私なりの考えですが^^;

現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
っていう噂はありませんが、応援クリックおねがいいたします。

期間限定企画】

FXブロードネット
 → エントリーしてはいけない箇所を見つける方法レポートプレゼント
 このことを知ってからトレードをしていれば、
 もっと勝率を上げられたのになぁ・・・と思ったことを書いております。

インヴァスト証券【INV@ST「FX24」】

⇒当ブログ限定! 【1000円キャッシュバック】
 
アイネットFX
 → 書籍【一目均衡表の研究】をプレゼント!一目均衡表をマスターしよう!

・為替ライフ

 →MACDの活用方法を書いたレポートをプレゼント!

アイネットFX

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-スキャルで勝つコツ

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.