FXトレード日記

ボラティリティがある時ない時

更新日:

今日は本業が休みだったので
昼間からゆっくりしていましたが
チャートチェックしていました^^

夕方17時くらいからトレードをやり始めまして
今日は22pipsです。

ロンドンタイムはコツコツとってまして
NYタイムは指標の発表もあり勢いが出たので
その波に乗った感じです。

さて、今日はボラについて。

ボラがある時・ない時・ありすぎる時について。


その前に・・・管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、
下記リンクをクリックしていただけると喜んであんな事も書きます
⇒ FX スキャルピング派ランキング ←スキャル派1位を目指してます!(下落中)
⇒ FX人気ブログランキング めざせ50位以内!
⇒ エンジュク投資ブロガーズ
本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!


 

スキャルもそうですし、デイトレもそうなんですが
ボラティリティがある程度ないと
結構ストレスの溜まるトレードになりますよね。

それに、集中してやってみたものの
逆にやられちゃったりして(汗

でも、ボラがありすぎるのも微妙。

ボラがありすぎるとミストレードしたときの
損失が大きくなっちゃいますしね。

なので、適度なボラが欲しいものです^^

ただ、その適度なボラってのを
どうやって判断するのかって話になっちゃいます。

で、そのあたりを先輩と話してたんですが
結局、そのあたりの判断は移動平均線の角度や
拡散をチェックしておく、って結論に。

移動平均線が収束から拡散していくときってのが
適度なボラで、尚且つトレードしやすいよねって。

でも、この収束から拡散していくときってのを
これまたどうやって判断するのって話になっちゃう。

移動平均線ってのは過去の値動きの平均値だから
拡散していったときにリバーサルっていうのかな、
逆行する傾向があるんですよね。

拡散したぜぃ!

スポンサーリンク

って思ってエントリーしたら
逆行して、損切りってパターンも結構あります。

じゃあそれをどうやって回避すればいいのか?

やはり我慢が必要なんですよね。

拡散したことを確認して、
その後、値動きが落ち着いたときに
必ず押し目・戻り目を待ってエントリーする。

我々個人投資家がマーケットを動かすのは
ほぼ不可能なので、マーケットについていくしかない。

そうなると、拡散を確認して
押し目・戻り目を判断して、エントリーするのが一番。

ボラがないときってのは、
先ほども書きましたが、押し目・戻り目になりそうなところで
逆方向に抜けちゃう。

だから無駄な損切りになっちゃう。

つまり、そういった場面に遭遇したら
ボラがまだ足りないんだなって判断する。

収束から拡散していって、
押し目・戻り目になりそうな箇所で
逆方向に抜けなかったら適度なボラがあるってことかな^^

そうやって押し目・戻り目の確認によって
ボラをある程度判断するってのもスキャルだと
有効かもしれませんね^^

やっぱり押し目・戻り目ってのが
我々にとって一番のエントリーポイントですね^^

かずえモン!
押し目・戻り目までまって少ないリスクでトレードするぜぃ!
と思った方はクリックお願いします^^
FX スキャルピング派ランキング

現在、私が書いたレポートをプレゼントするタイアップ企画を実施中です。

レポート内容はエントリーしてはいけない状況を見つける方法とかです^^

私自身が
FXを始めた当時に知っておきたかった情報です。

詳しくはこちら

スプレッドはドル円0.5銭で安定しています。
レバレッジ400倍のハイレバを体験するなら今しかない!
FXブロードネット

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勝率を上げる方法を無料で公開する無料メールセミナー
  • この記事を書いた人
かずえモン

かずえモン

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

-FXトレード日記

Copyright© かずえモンFXブログ , 2019 All Rights Reserved.