期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

24時間人気記事ランキングTOP5!

FXテクニカル分析の復習と成果【フィボナッチ編】

土日はFX相場も休みということで復習や勉強にあてるようにしてます。

さて、今週はフィボナッチを使ったトレードを中心に行いました。先日友人にも聞かれたんですが、「フィボナッチはそれ単体でトレードできるのか?」という点です。

答えとしては、フィボナッチ単体ではトレードできないと思います。元々フィボナッチは目安であるんですね。抵抗線が現れる目安や押し・戻りの目安。それらを見分ける目安。そして、その押し・戻りを使って買い・売りを仕掛けたり、現在どういった状態にあるのか、または、現在の持ち合いはフィボナッチによるものなのか、などを判断する基準だと思うんです。

だから、トータルで考えてフィボナッチ単体ではトレードできないと思います。

じゃあ、何と組み合わせればいいのか?やはり私が常に使っている、スローストキャスティクスとMACDです。30分足のMACDでトレンド確認して、5分足のストキャスティクスが30分足のMACDと同じ方向になったら買い、または売りで仕掛ける。これが基本的な手法です。その時の注意点としてフィボナッチを使うって流れですね。

例えば、30分足でMACDが上向き・5分足でストキャスティクスが25以下から下から上に向かっている、その時に、フィボナッチ水準になってなければフィボナッチ水準の抵抗線に向かうと考えられるので買いで入るという流れです。(チャートを掲載したいのですが、どうやってやるんでしょう・・・)

今週はこれでトレードしてみました。結果、トレードでは損切りの回数が少なくなり利益を出すことができました。

にほんブログ村 トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!へ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

でも、やってみた感想としてはちょっとトレンドの行方というか、これからどうなるのかがイマイチわかりにくかったんです。もっと細かく分析できればいいのでしょうし、フィボナッチをもっと理解して使いこなせればよいのだと思うのです。

【トレード手法はシンプルであることが重要】という、ある書籍に書いてあったことを考えると、ちょっと複雑すぎるような気がしてなりません。そこで、昨日やってみてすごく良かったトレード手法があるので、そちらも取り入れて来週はトレードしようと考えています。

その方法が、【ずらした移動平均線・DMA】を利用したトレードです。

ディナポリはフィボナッチとMACDとスローストキャスティクスとこのDMAを使っているそうです。

で、このDMAを効果的に使えないか考えてたんです。そしたら・・・ひらめいてしまいました!

ずらした移動平均線【DMA】を3本出して、昨日の夜やってみました。

出したDMAは、3期間の移動平均線を3期間ずらしたDMA・4期間の移動平均線を-4期間ずらしたDMA・3期間の移動平均線(平均値)の3本です。

これを使って、MACDとスローストキャスティクスとフィボナッチを考慮しつつトレードしました。

スポンサーリンク

たまたまかもしれませんが、このDMAを使ってトレードしたところ、1時間でドル円40pipsの利益を出せました。このときのMACDとスローストキャスティクスとフィボナッチの扱いは、メインとして考えておらず、補助的に考えてました。つまり、DMAをメインに使いMACDとスローストキャスティクスとフィボナッチはあくまでも目安として考えたんです。

そしたら、本当にわかりやすくシンプルにトレードできました。現在色々と試してみていて、デイトレ・スキャルに適したDMAの設定と考え方をまとめています。

来週はこのDMAを中心にトレードしてみます。もちろん、MACDとスローストキャスティクスとフィボナッチによるトレードも忘れずに行います。

私の予想では、【頭と尻尾はくれてやる】となると思いますが、利益大・損失小となりそうです。昨日のトレードは簡単にそうなったので、このDMAを使った手法は一番わかりやすく、シンプルなものになりそうです。

昨日はDMAを使って、上げトレンドのポイント・下げトレンドのポイント、そしてその価格水準などを見事に当てることができました。

この手法は来週トレード日記のなかで公開してこうと思います!

これななにやら・・・ニヤリな予感です(^^v

さてさて、先日から紹介しているフォレックス・トレードですが、私の友人も口座開設の申し込みを済ませました。

やはり業界最小のスプレッドで固定というのは、かなり魅力的ですからね。

ドル/円0.6銭、ユーロ/円1.2銭、ポンド/円1.8銭が固定というのは驚愕ですね。それに、3000円のキャッシュバックもあるので開設しておいて損はないでしょう。

トレードツールがあるのですが、おそらくクリック証券のはっちゅう君と同じような使い方だと思います。画面を見る限り、はっちゅう君と同じですね。クリック証券はスプレッドが固定ではなく変動なので、クリック証券より少ないスプレッドが固定なので、フォレックス・トレードのほうが色々と有利かと思います。

特に、ポンド円はちょっと相場が動いただけで、利益になるスプレッドですね。

フォレックストレードの詳細は公式サイトで確認しましょう⇒フォレックス・トレード

FX

にほんブログ村 トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!へ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

最近の投稿

このページの先頭へ