期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

レンジ用の1分足スキャル手法

昨日今日と書き溜めていた記事を更新しています^^

さて、この記事の前の記事で友人の平均足を使ったトレード手法を紹介しましたが、それにちなんで私と友人が行っている、レンジ用の1分足スキャルのトレード手法を書いておきたいと思います。

その前に管理人からのささやかなお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックしていただけるとありがたいです♪

⇒ FX スキャルピング派ランキング  順位ちょっと下落中
⇒ FX人気ブログランキング  5位と6位の間ってランキングじゃないんですね
いつも応援ありがとうございますm(_ _)m本当に感謝です♪ブログ更新の励みになります!

さてさて、この1分足スキャルですが、使うインディケーターはボリンジャーバンドと平均足と5EMAです。

基本的なルールは簡単で、ボリンジャーバンドの1.5σ付近で、平均足の十字線が出た後の方向を5EMAで確認して、その方向へ平均足の足が反転したらエントリーし、ボリンジャーバンドの1.5σ抜け、及び、2σタッチで決済、もしくは、通貨ごとに適したボラで指値、といった具合です。

1分足スキャル
チャート⇒FXTS(当ブログ限定レポートプレゼント中・詳しくはこちら)

白が5EMAで、緑がミドルバンド、黄色が1.5σ・ピンクが2σ・濃い緑が3σです。

①ですが、1.5σ付近で十字線が出てから陽線になり、5EMAが上昇したので、買いでエントリーし、ボリンジャーバンドの+2σタッチで決済。

そのすぐ後に、①-Aが発生。

①-Aでも、1.5σを抜けてから十字線が出て、そのあとに陰線が出て、5EMAが下向きになったので売りでエントリーし、-2σタッチで決済。

②は完璧な十字線ではありませんが、十字線が1.5σ付近で発生したので、その後陽線になって、さらに5EMAが上昇したので買いエントリーし、2σタッチで決済。(ちなみに、②のような十字線だと直後に陰線が出てるように若干イレギュラーな感じになります)

③ですが、ここはエントリーしなくても良いかと思います。

③のような箇所は若干判断に迷いが出ると思います。というのも、ミドルバンド付近で十字線が出てるからです。

③のようなケースでエントリーする場合は、必ず早めの損切りをしましょう。

スポンサーリンク

④は、1.5σ付近で十字線が出ましたので、その後陰線が出て、5EMAの下降を確認してエントリーして、2σタッチで決済です。

⑤ですが、⑤のように十字線が頻繁に発生しています。

このような場合はエントリーしないほうが良いかと思います。判断に迷いますからね。

このような感じで1分足スキャルをしています。

先ほどの記事と同じように、要となるのが平均足の十字線です。

十字線が出ると反転する傾向があるので、その反転を狙ってエントリーします。

この1分足スキャルですが、他のインディケーターはほとんど使いません。

1分なので、インディケーターの反応を待っていると、エントリーと決済が遅れる可能性があるので、なるべく使わないようにしています。もし使うとしたらストキャスティクスくらいですね

又、この1分足スキャルの注意点ですが、あくまでもレンジ用なので、5分足でトレンドがあるときは行っていません。

5分足で値動きが鈍いときに、この1分足スキャルを行っています。

それと利食いですが、なるべく早めのほうが良いです。1分足なので、想定できる値幅は少ないので、なるべく利食いは早めに。

それから、最大の注意点が、5EMAの方向を確認するということです。

この方法は、オシレーター系のテクニカルなどをほとんど使わないので、EMAが頼りになります。

必ず、5EMAの方向性を確認しましょう^^

この1分足スキャルですが、平均足・ボリンジャーバンド・EMAが表示できる業者ならばどこでもできると思います。

ドル円やユーロ円ならば、FXブロードネット当たりが良いかもしれません。

平均足・ボリバン・EMAが表示できます。

又、FXブロードネットはドル円のスプレッド0.5銭~(昼は0.5銭が多く、夜は0.8銭になることが多いです)、ユーロ円(0.9銭~・平均すると1.5銭~2銭あたりでしょうか)なので、ドル円・ユーロ円ならFXブロードネットがよいかと。

ポンド円ならば、クリック証券アプローズFXEMCOM証券がポンド円のスプレッドが小さいのでよいかと思います。

クリック証券とアプローズFXは損切り注文がエントリーと同時に出せるので、初心者さんやポンド円ビギナーには良いと思います。

ドル円ならば、2~10pips程度、ユーロ円ならば、5~15pips程度、ポンド円ならば、5~30pips程度など、通貨ペアごとのボラに合わせた値幅を狙えますが、どちらにしても利食いはなるべく早めにし深追いはしないこと、と、損切りは早めにしたほうが良いと思います。

この方法ですが、メタトレーダー4を使うともっとやりやすくなりそうです。

今、メタトレーダー4のインディケーターを色々試して、この1分足スキャルをわかりやすくしようと思っているので、ある程度できてきたら公開しますね^^



スポンサーリンク

One Response to “レンジ用の1分足スキャル手法”

  1. まーやん より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今日初めてかずえモンさんのブログを見せて頂いています。1分足スキャルについてお尋ねしたいのですがボリバンの1.5σ 2σ 3σを表示出来る
    チャ-トを捜していますが何処の会社で取り扱っているのか分かりません。ブロードネットでは1.5σは見当たりませんでした。是非教えて頂けたらと思います。宜しくお願い致します。当方ダメダメトレーダーです。

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


カテゴリー

このページの先頭へ